大人のゲストハウス見つけた。週末は気ままに箱根へ #ちょこ旅

写真拡大 (全4枚)

2020年にオリンピックを控えた東京では、ここ最近、おしゃれなゲストハウスの存在が目立ちます。宿泊施設としての機能の他に、カフェや地元の人々が集まる多目的スペースを備えた宿も多く、これまでのゲストハウスの概念をくつがえす、そのモダンな存在感には思わず興味がひかれますね。
とは言うものの、実際にはなかなかゲストハウスに泊まるチャンスなどないというのが、日々東京で過ごす人々の実情かもしれません。
箱根で週末プチトリップ
そこで提案したいのが、週末のプチ旅行でゲストハウスを利用してみるという案。箱根に見つけた「HAKONE TENT」は「FOR ALL WHO LOVE THE JOURNEY〜旅を愛するすべての人へ〜」をコンセプトとした温泉付きのゲストハウス。

箱根は場所によって温泉の水質が異なりますが、ここHAKONE TENTの温泉は大湧谷から引かれている白濁の硫酸塩泉。しかも源泉掛け流しで24時間利用できると聞けば、それだけでじゅうぶんにテンションアップです。

古旅館を改築したという建物は空間により様々な表情が楽しめ、清潔に整えられた館内はどこもかしこもとっても居心地よくデザインされています。客室は個室と男女別のドミトリータイプの部屋で、ベッドを置いた個室もいいけれど、畳にふかふかのお布団をひいて寝るのも魅力的です。

そして、宿の自慢はお食事とお酒にも。オーダーが入ってから一枚一枚生地を伸ばして焼くという絶品手作りピザをはじめ、ほっこりとおいしいごはんメニューがリーズナブルな価格でいただけます。
自然を愛でながらゆったり過ごす
強羅駅から徒歩2分という立地なので、重い荷物をだらだらと持ち運ぶ必要がないのもうれしいポイント。観光客でいっぱいの湯本とはうって変わり静かな佇まいが魅力の強羅。ゆっくりと自然の緑を愛でながら気ままに散策を楽しむ週末なら日頃のストレスも一瞬で吹き飛ぶはず。夜の星空や早朝朝露に濡れる景色は、日帰りの旅ではけっして楽しめない宿泊旅ならではの醍醐味です。もちろん夜中や朝一番の温泉も!
大人のゲストハウスの楽しみ方を覚えるなら、まずはこんなゲストハウスからはじめるのが正解だと思います。
[HAKONE TENT]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。