センスの良さに脱帽。遊び心あふれるアイテムたち

写真拡大 (全4枚)

いそがしい大人の日常ですが、そこに余裕をあたえてくれるのが、遊び心たっぷりのアイテムです。手にしたものにクスッとしたり、キュンとしたり。はり詰めた空気もひと目でゆるむようなアイテムをmachi-ya(マチヤ)よりピックアップしてみました。
棚におくとキュンとくるコップ

Milk cup 1,885円(税抜)
かわいいフォルムの白い牛乳瓶。そのコルクの蓋をあけたくなりますが、じつはこれはコースター。なんとひっくり返して使うコップなのです。
どこかなつかしく、朝からほっこり癒してくれる牛乳専用コップ。200ccが余裕をもって入ります。
400年の歴史を持つ佐賀の窯元で、職人の手により丁寧に作られました。そしてこの絶妙にやさしいカーブは「削り込み」という手法によるものなのだとか。そこに国内で作られたコルクがくっついているので、机も傷つきません。
パッケージもかわいく、棚におくときの佇まいまで計算された、インテリア小物としても優秀なコップです。

>>「Milk cup」を購入する

えっ! と驚く上品な扇子

竹の定規扇子 4,200円(税抜)
一見するとレトロ上品なこちらの扇子ですが、よく見ると扇骨が定規になっています。なんとステーショナリー兼用の扇子なんだとか。だから定規部分は本来のモノサシとして活用もできるのです。
素材は扇面が綿で、扇骨は竹で作られています。カラーはユニセックスで上品な風合いの「紺」と「生成り」。携帯に便利なブランドタグ付きの扇子袋と、ブランドロゴの金箔押しの桐箱もついているので、贈りものとしても最適です。
夏のご挨拶がてら両親にペアで贈ったら、2人はどんな顔をするかしら。「定規がなつかしい」なんて言葉も出てきそう。そんな想像も楽しいひと品です。

>>「竹の定規扇子」を購入する

なつかしさにクスッとくるクリーナー

Display Cleaner 2,800円(税抜)
ひと目見れば学生時代のさまざまな光景を思い出す。そんななつかしい黒板消しが、テレビやパソコン、iPad などのディスプレイモニターを綺麗にするためのクリーナーになりました。
持ち手は良質なブナの木とウォルナットの2タイプ。どちらも美しい仕上げと手触りの優しさが魅力です。
クロス部分にはマイクロファイバーを採用。汚れたら水洗いもできます。弾力性を持つスポンジが拭くときの力をほどよく分散してくれて、使いやすいのもうれしいですね。
家具職人の手によって1つ1つハンドメイドされた逸品。画面を拭くたびに、あの日の思い出までもよみがえってきそうです。

>>「Display Cleaner」を購入する

使うほどに愛着がわいてくる、遊び心があるアイテムたち。義務や責任に追われる大人の毎日に、ちょっとした心の余裕を与えてくれそうです。
[machi-ya(マチヤ)]
machi-yaへ出店を希望する方、ご興味のある方もお待ちしております。
あわせて読みたい
・一緒に旅したい。バカンスにお役立ちするアイテムたち
・暮らしをもっと心地よく。シーンに合わせた香るアイテム
・外国人へのギフトにも。和を感じる涼しげアイテムたち

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。