TAITRA提供

写真拡大

(台北 6日 中央社)東京ビッグサイト(東京都)で6月29日〜7月1日に開催されたライセンス取引の専門展、「第6回キャラクター&ブランド ライセンス展」。台湾貿易センター(中華民国対外貿易発展協会、TAITRA)が出展した台湾パビリオンには計10社が参加し、多数のバイヤーと商談を行った。

TAITRAが同展に台湾パビリオンを出展するのは初めて。イベントでは、海外での受賞歴を持つ台湾人クリエーター、馬賽Kyoさんの作品「小紅人」や、ゲーム開発などを手掛ける唯晶科技の漫画「参天律」などが人気を集めた。今後、日本で商品化される可能性もあるという。

TAITRAは更なる商機を創出するため、7月27日に台湾でライセンスに関するイベントを開催するとしている。

(編集:杉野浩司)