首位スタートを決めた小竹莉乃(写真提供:日本プロゴルフ選手権)

写真拡大

<ECCレディスゴルフトーナメント 初日◇6日◇北六甲カントリー倶楽部(6,510ヤード・パー72)>
 LPGA下部、ステップ・アップ・ツアー「ECCレディス ゴルフトーナメント」(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)が兵庫県の北六甲カントリー倶楽部 東コースで開幕した。初日を終えて小竹莉乃が5アンダーで単独首位。2打差の3アンダー2位タイには三川澄恵、金井智子の2名が入った。
女子プロ写真館にあの人気プロ写真を大量追加!
 英会話教室を展開する「ECC」らしくスタート時の選手紹介も英語。「英語だったね(笑)」と同組の選手とリラックスした気持ちでスタートした小竹は、連続バーディを奪う幸先の良い立ち上がり。子の粋の意のまま6バーディ・1ボギーの“67”をマークして単独首位で初日を終えた。
 今年はステップ・アップ・ツアーへの出場資格を失い、今大会は推薦での出場。「出られる試合に全力でプレーするだけですし、出場資格が無くなったからといって、焦りはないです。昨年優勝して、レギュラーツアーに出た時は気持ちの面で焦る事もあり、心が狭くなっていた。今では、少しぐらいミスしても気にしないようになった。明日もミスの許容範囲を広くもって、頑張っていきたい」。まずは2日目を上位で終えて最終日の頂点を目指したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【前半戦スタッツ振り返り】唯一日本勢がトップになった平均バーディ数 1位はここまで未勝利の…
前半戦が終了!順調にこれた要因は…【キム・ハヌルコラム第18回】