画像

写真拡大

 レーベルゲートとGlossomは、動画広告領域にて音楽が重要な要素になると考え、アーティストとクライアントのマッチングコーディネートおよび、エンタテインメントコンテンツのプロモーションサービスを開発、提供していく。

 moraを運営するレーベルゲートと、グリー子会社のGlossomは、音楽市場の活性化を目指し、動画広告領域における新プロジェクトを発足した。プロジェクト第1弾として、動画コンテンツの製作からバイラル施策やスマートフォン広告の配信までを一気通貫して支援するGlossomのサービス「WOOZ(ウーズ)」を通じて制作された、ザ・プリンス パークタワー東京のFacebookページ向け動画広告に、レーベルゲートがコーディネートした親和性のある音楽を活用する。

 音楽や動画をスマートフォンで楽しむ需要が増加している中、動画広告においても今後、音楽がより重要な要素になることが予測される。両社は、音楽が持つ“オーディエンス・エンゲージメントを短時間で高める”効果に着目し、アーティストとクライアントのマッチングコーディネートおよびエンタテインメントコンテンツのプロモーションサービスを開発、提供していく。

MarkeZine編集部[著]