米国人の英語が突然「イギリス訛り」になる病気

写真拡大

テキサス州で生まれ育ったある米国人女性は、顎の手術を受けたあとに言葉が「英国訛り」になってしまった。原因は身体的な変化か、あるいはストレスか。「外国語様アクセント症候群」と呼ばれるこの珍しい病気のメカニズムは、いまだわかっていない。

「米国人の英語が突然「イギリス訛り」になる病気」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国人にとって、英国訛りには魅力がある。知性、情熱、魅力、気品、誠実さが感じられるからだ。

英国訛りの長い母音は、大好きな叔母への愛情や片想いの相手へのあこがれ、お気に入りの教授の知性を思わせる。そして、こうした英国訛りの魅力を利用するペテン師も存在する。愛国的な米国人は、ニセモノの英国訛りを使う人に怒りすら覚えることもあるという。

従って、顎の手術を受けたあとに突然話し方が英国訛りになってしまったテキサス州の女性に関するテレビ報道は、人々の心のなかに複雑な反応を引き起こしたはずだ。

顎の手術後に英国訛りになってしまったリサ・アラミア。「ほとんど海外に行ったこともないのに」と彼女は言う。「とてもショックを受けました。なんでこんなことが起きたかわからず、混乱したものです」

発症は事故のあとに

外国語様アクセント症候群は、100年くらい前から報告されてきた珍しい病気です」と、ウィスコンシン州オークレアにある総合病院「メイヨークリニック・ヘルスシステム」の神経科医ティモシー・ヤングは言う。外国語様アクセント症候群は、吃音や失読症などと並ぶ言語障害だが、これまでに診断された患者は100人程度しかいないという。

多くの患者たちは、神経外傷を受けたあとに訛りの症状を発する。『Frontiers in Human Neuroscience』誌に掲載された症例に関する最近の研究では、フランス語を話すベルギー人女性が、自動車事故を起こしたあとにドイツ語訛りになったケースを扱っている。

「発語機能は脳の左半球が担っています。最も詳しく記録された症例では、左半球に脳卒中や外傷を伴っていました」とヤング医師は説明する。

RELATED

身体的な変化で、たまたま英国訛りに?

神経的な理由で外国語様アクセント症候群になった患者は多くの場合、MRIまたはPETスキャンでなんらかの異状が見られるという。

しかし、テキサス州の女性の場合に関しては、顎の手術(出っ歯を矯正するための手術だった)が神経に影響したことは考えにくいという。もし医師が神経を傷つけていたとしても、英国訛りではなく、もっと違うかたちの変化が現れるはずだというのだ。

可能性としては低いが、手術からの回復の過程で、ほかの人たちには英国訛りに聴こえる言語障害を発症した可能性もある。「彼女の筋肉記憶は、(手術後に顎の動きが制限されていたことから)新しい発音パターンを再学習する必要があったのでしょう」と、カリフォルニア大学バークレー校の音声学・音韻論研究所の責任者であるキース・ジョンソンは言う。

「彼女は手術のあと、顎を動かさずに、舌と唇の動きを連動させていた可能性があります」とジョンソンは指摘する。この話し方は、唇を緊張させ、顎を固定して話す典型的な英国人の話し方と似ているのだ。

だが、この女性の話し方は、「コックニー」(ロンドンの労働者階級の人々の間で話される英語)のように子音の部分でしゃっくりをするかのように一瞬止まる。「これは、手術後にこの女性に起こった身体的な変化からは簡単に説明できない現象です」とジョンソンは説明する。

頭痛治療を受けたあと「中国語訛り」になった英国人女性。

ストレスの可能性も

一方、メイヨークリニックのヤング医師は、「ストレスにより、転換性障害と呼ばれる、さまざまな種類の身体的症状が発症する可能性があります」とも指摘する。ヤング医師によると、第一次世界大戦のあと、精神的なストレスを受けた英国人兵士の一部に、ドイツ語訛りの症状を発する人たちがいたという。

『WIRED』US版のシニアライターで英国人のジャック・スチュアートは、テキサス州の女性について「彼女の話し方は完全な英国人のものとは異なります」と教えてくれた。「わたしが聴く限り、何かが欠けているようです」

だが、彼は次のようにも指摘している。「彼女が(演技などではなく)本当に英国訛りになってしまったことは信じられます。彼女は、多くの米国人が英国訛りのふりをするときに真似る、英国のテレビドラマ『ダウントン・アビー』のような気取った英語を話していないからです」

テキサス州の女性は、通常のアクセントに戻そうと努力しているという。「こうした現象は、ほとんどと言っていいほど最終的には消失します」とヤング博士は言う。早い回復を願おう。