アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋 vol.4「オトコ部屋にいくのはOKのサインではない」

写真拡大

30オトコのルーム事情を追求すべく決行した覆面座談会の記事を受け、アラサー女子がぶった斬る座談会。

前回のvol.3に続き、今夜もアラサー女子が「オトコ部屋」について語ります。


※本日の出演者たち(左から)
あゆ:看護師(27歳)
むぎむぎ:会社員(27歳)
こんとんじょのい子:会社員(27歳)
しろう:アプリプロデューサー(33歳)


付き合う前に部屋に誘うってどうなの?



──番外編。男性からの質問です。どんな風に声をかけられたら家に遊びに行きますか? 付き合ってはないけど、ある程度の関係性は保っている男友達に、です。

こんとんじょのい子(以下、こんとん):私の方が好きだったら積極的に、家に偵察に行きます(笑)。家に行くとその人の“人となり”がわかりますからね。そういう関係になりそうだなとなったら、例えばお菓子とかケーキを買って、近くにいるんだけど遊びに行ってもいいかとサラっと行って「ああ、自己啓発の本がいっぱいあるなー」とか(笑)、発見していく。

むぎむぎ:友達の例ですが。とある男性に「カニ鍋をしよう」と部屋に呼ばれたらしいんです。「カニ鍋しよう」って誘うのも、取り寄せているっていう行為も気持ち悪い(笑)。本気ですよね。4〜5人だったらいいと思うんですけど。

一同:いきなり2人カニ鍋はちょっと……(笑)。

こんとん:初めてその人のウチに行くなら、何人かいて、という状況が一番行きやすいですよね。それでみんなで鍋をやるとか。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

──付き合う前に部屋を見ておいた上での次のステップという感じ?

こんとん:私は100%そうですね。付き合ってから初めて家に行ったというのはないです。

しろう:私は付き合ってからじゃないと行かないですね。パーティとか、だれかの誕生会とか、何かしらイベントごとがないと、誘われても男性の部屋には行かない。自分の中でのルールです。

あゆ:私もかなり仲良くなってから付き合うので、仲良くなっている段階で2人きりじゃないにしろ、鍋パとかタコパとか、そういうのをやるから家に行く。それからですね。それこそむぎむぎさんは嫌かもしれないですけど(笑)、何回か会っていい感じの関係になってから、カニ鍋とかには行きます。

こんとん:この答えは、最初は2人じゃなくて、複数人からの入り口じゃないですかね。ホームパーティなりイベントを立ち上げて、来てもらう。

──付き合いたい人にどうやって声をかけたら、自分の部屋に来てくれるんでしょう?

むぎむぎ:外で関係を築いて、付き合ってから部屋に行けばよくないですか? ここ、頑張るところなのかなって思います(笑)。

NEXT >>「女性が男性を家に入れる時、それはOKサインなのか?」

──「外で関係を築いて、付き合ってから部屋に招くべきだ」というご意見のあとなので、このスライドは見ないほうがよいかもしれませんが…


・女性が男性を家に入れる時、それはOKサインなのか?


こんとん:男性が女性を招き入れる、女性が男性を招き入れる、どちらにしてもOKではないですね。自分が男友達の部屋に行くのも絶対OKサインではない。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

あゆ:それとこれとは別問題ですね。

こんとん:結構勘違いしている男性もいるかと思いますが。

──前回の座談会では、部屋に来た瞬間に勝負は決まっているんだ、という名言も出ました。

一同:それは間違い(笑)。

──何がOKなのか、答えはないような気がしますね。

こんとん:もし部屋に行くなら、今日はお金がかからないからいいかな、くらいの気持ちだと思うんです。部屋に行くこと=OKサインはない。

むぎむぎ:あとは実力次第じゃないですか(笑)?

こんとん:部屋に入ってちょっとイチャイチャしてきたらOKだと思うんですけど。

──「この人無理!」という人の部屋はそもそも行きたくないですよね。

あゆ:恋愛感情じゃなくても友達として好きとか、少なくとも好意はある。

こんとん:告白されて気持ちが動いたら、またそこからって感じですよね。気持ちが動かなかったらコーラは一生コーラで、それがお茶に変わることはない。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

──女性が部屋に来たからといって舞い上がってんじゃねーぞ、という話ですね。

むぎむぎ:どうパフォーマンスできるか。「柔軟剤で二度洗いする」みたいなマニュアルじゃなくて、他人の土俵に上がったときに(部屋に訪れたときに)、もしくは招き入れたときに必要なのは柔軟力だと思います。

──マニュアルを持っている男性が多いのかもしれませんね

恋愛ってそのときそのときにどういう言葉を言えるのか、行動できるのか。だから先ほどの例のようにガチガチに固める人は好きじゃないんです。

こんとん:もし女性の部屋に行きたいという思いがあるなら、コンビニやデパ地下で何かを買って持っていくというのは、いい手かなと思いますね。「買ってきたんだよ」というところから会話が進んでいくし、ちょっと気が使える人になる。

むぎむぎ:「お惣菜買ってきたから食べようよ」っていい手だと思います。ポイントが高い。家に行ってから何をするか、があると行きやすい。ただ家に行っていい? だと気持ち悪い。お惣菜買ったから食べようよ、となにかのツールとして部屋があると行きやすいですね。

しろう:「舞い上がってんなー」という感じが見えた瞬間にサーっと引きますよね(笑)。部屋だけじゃなくて、仕草や行動も含めて。自分が追いかけたいタイプなのかもしれないですけど。

──勉強になりました。みなさんありがとうございました!


もっと読みたいバックナンバー!

アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋
vol.1「お香はそろそろ卒業してほしい」
vol.2「お泊まりグッズは“付き合う”のバロメーター?」
vol.3「初めての家デートで映画鑑賞はちょっとガッカリ」
vol.4「オトコ部屋にいくのはOKのサインではない」

30代オトコの部屋座談会
vol.1「趣味が充実。彼女はいないが女子は来る」
vol.2「女子を招くとき、あのニオイは念入りにチェック」
vol.3「元カノとの思い出グッズ、どうしてる?」