もう…仕事イヤ!「何もかもうまくいかない時」にやるべきこと4つ

写真拡大

仕事をしていれば、誰だってうまくいかないことはあります。そして、それは自分でいくらコントロールしていても問題が起こってしまうこともあれば、何かのとばっちりを受けてしまうことだってあるのです。

本来、仕事とは相手があるものですから、そういうことは起こり起こり得ます。むしろ、仕事とはそういうものです。何もかもが思い通りに行くものではありません。

ところが私たちは、何か仕事上のトラブルが起こった時に、意外と脆くくじけてしまうことがあります。さらに得てして、こうした仕事上のトラブルは重なって起こることがあるのです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の情報サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“何もかもうまくいかない時にやるべきこと”4つをご紹介します。

■1:自分の気持ちを“自分でコントロール”する

仕事で落ち込むことは誰にでもあるのですが、そういう時に限って、悪い方へ悪い方へと考えてしまうのが人間ですよね。仕事をしている人なら、誰でも経験があるのではないでしょうか。

ただ、ここで覚えておきたいのは、自分の“気持ち”自体は、誰にもコントロールされません。自分を除いては。つまり、自分の気持ちをコントロールできるのは、あたなだけなのです。

ですから、どんなに辛いことやひどいことが起こっても、気持ちだけは前向きに、明るくすることができるのです。むしろ、自分にしかできません。

もちろん、辛い状況の時に明るい気持ちでいる事は難しいでしょう。でもこれは覚えておいてください。あなただけが、自分の気持ちをコントロールできるのです。

■2:仕事を因数分解してみる

仕事上のトラブルが発生して、しかも、よりによって悪いことが重なってくる。こうなると、誰だって落ち込みます。時にパニックにもなります。暗〜い気持ちでいっぱいになるでしょう。

こんな時はそのトラブルの原因を明確にしましょう。仕事のプロセスやフェーズを細かく分けることによって、どこにトラブルの原因が潜んでいたのか? 問題は何だったのか? ということを明確にするのです。

問題が分かれば、もう落ち込んでいる暇はありません。気持ちを切り替えて、問題解決に取り組みましょう。

■3:飲み物を変えてみる

とりあえず、トラブルが起こってもうどうにもならない、と落ち込んでいる時には、自分の飲んでいる飲み物を確認してみてください。

コーヒーや紅茶、炭酸飲料やエナジードリンクを手にしていたら、まずは水に変えてください。レモン水でもOKです。

精神的にも肉体的にも、砂糖はあまり良い影響を与えません。多量の砂糖を摂取すると、変に興奮してしまったり、気持ちに波ができたりするのです。

まずは、現場を離れて落ち着いて水を一口。そしてスーッと深呼吸。

これだけで随分、気持ちが楽になるはずです。

■4:悪いことは考えない

トラブルが起こると、やっぱり悪い方へ、悪い方へと考えてしまいますよね。そしてなぜか想像通り最悪の事態へと、どんどん事態が突き進んでいく、こんなことありませんか?

ですから逆に明るい方へ、良い方向へと考えを進めてみてください。少なくとも気持ちは楽になるはずです。

とはいえ、最悪の事態を想定して、それに備えておくことも大事なことなのでお忘れないように。これは仕事する上で、普段の心構えとして持っておくと良いかもしれません。

悪いことを考えるなら、それに対しての対策を考えておく。でも、できるだけ良い方向に考えるようにする。これで気持ちは楽になります。

以上、“何もかもうまくいかない時にやるべきこと”4つでしたが、いかがでしょうか?

確かに、仕事上のトラブルは精神的にはキツイですよね。そうした悪い影響が、私生活にも影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

今度トラブルにあった時には、さっそくこうしたことを実行してみてください。きっと楽になるはずです。