6日、韓国・聯合ニュースは、韓国政府が数年前から進めていた竹島の入島支援センターと防波堤の建設事業が行き詰まっていると報じた。写真は竹島。

写真拡大

2016年7月6日、韓国・聯合ニュースは、韓国政府が数年前から進めていた竹島の入島支援センターと防波堤の建設事業が行き詰まっていると報じた。設計を完了後、数年たっても工事が始まる気配がないというのだ。

政府がこれらの建設計画を決めたのは08年。竹島の領有権を確実なものにするとの趣旨で、まず09〜16年の期間に入島支援センターを建設、20年までに防波堤を設置する計画だった。支援センターは、竹島を訪れる国民のための案内・避難・救急施設であるとともに行政施設としての役割も担うもので、13年2月に基本設計を完了、14年11月に工事入札を予定していた。しかし公告の前日になって、入札が突然取り消されたという。政府は当時、「センターの安全管理、国際協約に伴う海洋法の問題、文化財である独島(日本名:竹島)の景観の問題」から入札を取り消したと説明し、事業はその後保留状態となっている。

一方の防波堤は、気象状況により竹島に上陸できない事態を減らすために必要とされた施設。長さ295メートルの防波堤と合わせ、展望台や水中庭園、波力発電施設の設置も計画されていた。しかし12年12月に設計を終えて以降、こちらも着工されていない。このため地元の関連団体などが着工を求める署名運動を始めるまでになっている。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「朴槿恵(パク・クネ)政権も李明博(イ・ミョンバク)政権も、日本の心証を害することはできないからね」
「選挙が終わったからだよ」
「民間人にも劣る政府。自国の領土を自分の物と言えない政府…」

「中国のように独島に飛行場を造れ。もっと主導的に国土を開発すべきだ」
「日本の顔色をうかがってるのか?まったく情けない民族だよ」
「慰安婦問題もそうだし、親日政権らしいやり方」

「日本人が嫌がるからだろう」
「いつものこと」
「日本との間に、僕らが知らない特別な何かがあるのか?いったい何だろう?」(翻訳・編集/吉金)