写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマートフォンをかざして音を鳴らすだけで店のクーポンやポイントシステムと連動できるZeetleカードサービスを展開するビー・ユー・ジーSSTは、設置店舗のO2Oサービスオプションとして新たに「店舗用カード業務アプリ」の受注を開始した。

Zeetleは、専用アプリからの"Zee"という"音"を使って登録できるショップカードへの会員登録、友人同士でのショップカードの送受信など、音を使ってユーザーと店舗、ユーザー同士が繋がるユニークなカードサービス。設置店舗には、新顧客・常連客づくりや集客に活用できるO2Oサービスとなり、ポイントやクーポンの発行も可能になる。

Zeetleカードサービスのオプションとして新たに受注が開始された「店舗用カード業務アプリ」は、ユーザーが来店し店頭のピットタッチ端末にかざした際に、ユーザーのサービス利用情報がアプリに表示され、店員はアプリでこれを確認しながら、ポイントを付与したり、利用できるクーポンを案内したりできるようになるほか、顧客ごとの備忘録としてのメモを紐付けるなど、より質の高いサービスの提供に一役買う。

また、iBeacon発信機能も搭載されており、ショップカードを持つユーザーが入店・近接の際にはこれを通知できる。ユーザーがタップするとアプリが起動し、お店のカードが表示されるようになる。

同社では、今回の「店舗用カード業務アプリ」により、店舗側はよりきめの細かいサービスが可能になり、ユーザーはより簡単な操作で様々な特典が受けられるようになるとしている。

(長岡弥太郎)