あの子と私、どこが違うの?結婚できる女性に必ず共通していること4つ

写真拡大

男性は付き合う前になんとなく「この子とは結婚してもいいかな」「この子は恋愛だけかな」と予想を立てています。結婚を考え始めると、意外に冷静に女性を見ているのだそう。

彼女止まりの女性には、それなりの理由が必ずあります。今回は、「彼女止まりな女と結婚までいく女の違い」をご紹介したいと思います。

◆育ちの良さ

育ちの良さを感じさせない女性は、結婚対象として見てもらえません。言葉遣いが汚い、食べ方が汚い、ものを知らないなど日常から男性は女性の育ちをチェックしています。

一朝一夕に直せるものではないので、一度マナー本や勉強をして補うことをしないといけません。育ちが悪い女性に、子育てや家事を任せる気にはなれません。

◆献身の姿勢

「彼のためにどれくらい自分が犠牲になれるのか」の度合い、というのは大きいです。結婚したら仕事をやめる、転勤になってもついてきてくれる、子供ができたら子育てに専念する。そういった姿勢の女性とは結婚を考えやすいようです。

反対に自分の仕事やキャリアのことを優先しそうな女性に対しては、なかなか結婚のイメージがわかないかも。彼の考え方にもよりますが、場合によってはキャリア志向なイメージは消したほうがいいこともあります。

woman in the kitchen

◆自分と似た金銭感覚

男性は結婚するにあたって一番心配するのはお金のことです。相手がどれくらい将来に理想を抱いていて、どういう生活を望んでいるのかは気にしています。

似たような金銭感覚を持っていると結婚を考えられます。嫌われるのは、いつもいい洋服を着て高いレストランに通っている女性です。お金がかかりそうだと思われたり、金遣いが荒れていそうだと思ったら男性は身を引いてしまいます。

◆居心地の良さ

男性は恋愛や結婚に癒しを求めています。自分の帰ってくる場所としての家庭を夢見ています。喧嘩をよくする彼女や、気性の荒い女性とは結婚を考えにくいです。

気分のムラが激しくて落ち着いて付き合えないタイプだと難しいでしょう。激しい喧嘩は控えたほうがよさそうです。癒しや安らぎを提供できるような女性が求められています。

誰しもひとりの女性を幸せにする覚悟を持つのは、相当大変なこと。そんな彼に結婚したいと思わせるには、ただ普通にしていても無理です。「この人と一緒になれたら人生を乗り越えられそうだ」と思わせるよう、日々努力あるのみですよ!