写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイは、Mobile World Congress(MWC)上海 2016(6月29日〜7月1日)で、チャイナ・ユニコム上海と共同で、NB-IoT(Narrow-Band IoT)を活用したスマート・パーキング・ソリューションを披露した。

チャイナ・ユニコム上海は、ファーウェイと協力して第4.5世代移動体通信技術のひとつであるNB-IoTに対応したネットワークの展開を進め、上海国際観光リゾート地区内の駐車場でNB-IoTベースのスマート車両検知器300以上を展開することで、デバイスから基地局、サーバ、携帯電話向けアプリに至るまでのエンド・ツー・エンドのスマート・パーキング・ソリューションを実現したという。

このソリューションでは、携帯電話のアプリから駐車スペースを検索・予約できるほか、ナビゲーション、モバイル決済、パーキング管理を利用できる。

各都市でNB-IoTネットワークの展開が進めば、路上でもスマート・パーキング・ソリューションを提供することが可能となるという。

チャイナ・ユニコムは今年5月4日に、上海市政府とモバイルやビッグデータ、IoTなどを駆使してさらなる経済成長を実現する「互聯網+(インターネット+)」を促進するための戦略的提携に合意しており、その最初の取り組みとして上海市全域をカバーする専用のNB-IoTネットワークを展開。今後は、NB-IoTの技術的な利点を活かして産業界のプレイヤーと連携し、スマート・メーター、貨物追跡などさまざまな分野に活用範囲を広げていくという。

(丸山篤)