写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは、「クラウド会計ソフト freee」の請求書機能を強化し、freee上での請求書の送付、さらに、freee ユーザー同士であれば、受け取った請求書の経理データ入力までの作業をワンクリックで処理できる「スマート請求書」の提供を開始すると発表した。

「スマート請求書」の機能は、freeeの目指す企業間取引プラットフォームの第1弾としてリリースし、今後も、自社の基本情報を修正すると、取引先のfreeeに通知される、スマートCRM、企業間コミュニケーションをfreee上で行うスマートコミュニケーション、品目管理を取引先と共有する機能、企業間の決済をfreee上で行うスマート決済プラットフォームなどの機能の開発に注力していくという。

(丸山篤)