「台屋の鰹節削り器」(別注青紙×ウォルナット 1万5120円)

写真拡大

 かつては各家庭に欠かせない存在だった、箱型の鰹節削り器。鰹節を削る、あのカシャッ、カシャッという音は、想像しただけで食欲を刺激するが、従来の鰹節削り器は、床に座る生活の中で生まれた道具だという。だが、現代の椅子生活には大きすぎて使いづらくなってしまい、やがてはキッチンの奥深くにしまいこまれるようになり、あまり使われなくなった。

「それなら、すぐ使えるところに置けるよう、コンパクトにしようと思ったんです」

 そう言うのは、新潟県三条市で1946年の創業以来、大工道具の鉋台を作り続けている「山谷製作所」専務の山谷俊輔さん(以下、「」内同)。

「以前は、鰹節削り器用の鉋部分のみを製造していましたが、2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのをきっかけに、箱の部分を含め、自社製品としての鰹節削り器を作り始めました」

 それが、2014年に誕生した「台屋の鰹節削り器」(別注青紙×ウォルナット 刃:4.8cm 箱:幅8cm×高さ5.8cm×長さ24.7cm 重さ680g 1万5120円)だ。

 引き出し式ではなく、シンプルな箱型にして、高さを半分に修正。鰹節を削る要の“鉋刃”に使う鋼は高品質の“SK材”と“青紙”の2種類を使用している。

 ちなみに、青紙というのは、高品質ながら安価なSK材(炭素工具鋼鋼材)から不純物を取り除くなどして耐摩耗性を大幅に高めた高級鋼。これを、打ち刃物の産地・新潟県与板町の業者に特別注文して鉋刃に仕上げたものが、「別注青紙」だ。

 そして鉋台には、数年間使用して乾燥しても変形しにくい白樫を使用。そこに、鉋刃を仕込んで鰹節削りに適した鉋に仕上げている。

「どの商品も必ず試し削りをして、実際に削った鰹節を入れて出荷しているので、ご家庭では、鉋刃の調整をしなくても、すぐにヒラヒラの鰹節が削り始められるんです。テーブルで食事をしながら、その場で必要な分だけ削って、料理に添えてほしいですね」

※女性セブン2016年7月14日号