惚れてまうやろー! 仕事で疲れているとき、男性に言われたい言葉8

写真拡大

仕事をしていく上では、時には少し無理をしてでも頑張らなければならないときもあります。ですが、たった一人で仕事をするのは想像以上につらいもの。声をかけてくれる人がいればそれだけで癒されることもありますよね。社会人の女性に、仕事での疲れにばっちり効く男性からの言葉について聞いてみました。

■何かできることある?

・「『何か手伝うことある?』って気にかけてくれたことがうれしかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「『大丈夫? 手伝うことないかな?』。手伝えなくても一言かけてくれるだけでうれしい」(34歳/医療・福祉/専門職)

自分に協力しようという気持ちがうれしいですね。実際に手伝ってもらうことはなくても、こう言ってもらえるだけで仲間がいる心強さを感じることができます。仕事は一人でできるものではないことを実感させられますね。

■自分がやります、任せてください

・「『代わりにやっておくから休んで下さい』。シンプルな気遣いが良い」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「普通に『任せて休みなよ』って言ってもらえたらうれしい」(30歳/その他/事務系専門職)

他のどんな言葉をかけてもらっても、実際の仕事量が減るわけではないことを考えると、これほどうれしい言葉はないですよね。やらなければならない仕事が少し減っただけでも、ずいぶんと気持ちが軽くなりそうです。

■息抜きしよう!

・「『あんまり無理しないで、気分転換に飲みに行こうか!』テンションが上がりますね」(31歳/その他/販売職・サービス系)

・「『少し息抜きに散歩してこよう』と、デスクの前から連れ出してくれるとリフレッシュできます」(28歳/情報・IT/販売職・サービス系)

仕事に追われているときは、つい無理をしてしまうもの。自分で自分の疲労がコントロールできなくなることもあります。息抜きを提案してくれる人がいたら、素直に誘いに乗るのもいいかもしれませんね。

■おつかれさま

・「普通に、『お疲れ様。頑張ってるね』。自分の努力を見ていてくれているような気がするから」(26歳/生保・損保/営業職)

・「『はよ帰りや』がシンプルやけど一番うれしい。おっちゃんばっかりの職場だから父親に言われてる気分になりますが」(25歳/商社・卸/営業職)

何をしてくれるわけでもないけれど、自分の努力をしっかり見てくれている人がいると思うと安心できますよね。社交辞令の「おつかれさま」ではなく、心からの労わりの気持ちが伝わる言葉がうれしいと感じる女性が多いようです。

いい仕事をするには気分転換も必要ですし、明日に回していいことは明日やるという決断も大切です。頑張っている姿を見ていて、さりげないフォローをしてくれる男性がいるだけでも仕事の重荷はだいぶ軽減されるでしょう。職場の男性の優しさは、仕事で切羽詰まっているときこそ感じることができるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件。25〜34歳の社会人女性)