ふわっと良い香りがする女性って、思わず振り返ってしまいますよね。でも自分で香水をつけると、鼻が慣れてしまいついつけ過ぎてしまいがち。香水の匂いがキツイと、どんなに良い香りでも頭が痛くなってきます。今回はふんわり香る香水のつけ方を紹介します。

香りは記憶と直接結びついている

嗅覚というのは、脳の中の記憶を司る海馬や情動を司る扁桃に送られるため、味覚や視覚よりも鮮明に記憶を呼び起こす作用があるのだそうです。この効果をプルースト効果といい、科学的にも証明されています。何かの匂いで小さなころのことを思い出したり、昔の恋人のことを思い出すのはこのためなのです。だったら、良い香りをまとって大切な人や意中の人にしっかり覚えておいてもらいたいですよね。

ふんわり香る場所はココ!

香水はつけてすぐに香るトップノート、体温で温まると放たれるミドルノート、残り香のラストノートというように香りが変わっていくものです。この中でも一番長く香り、香水本来の香りがミドルノート。このため、外出する30分前には香水をつけておくと強い匂いを放たずに済みます。次につける場所ですが、基本的には胸から下につけます。首まわりや耳の裏は香りが強く出てしまうのでNGな場所。手首も香りが強く出やすいためNG。食事の際にはマナー違反ともいわれます。おすすめの場所はこちら。

○ウエスト……服の間からほんのりときれいに香ります。
○足首……汗をかきにくく、香りが下から上がってくるのでふんわり香ります。
○太ももの内側……体温が高いので、強過ぎずやわらかに香ります。
○膝の裏……ここも下からふんわりと香る場所。汗をかきやすいので、少し内側につけると◎
○バストの谷間……香りが長持ちしやすく、セクシーに香ります。

ちょっと香りがきつくて使いにくい香水は、無香性のベビーパウダーを密閉容器に入れ、コットンがしっとりするくらいの香水を含ませて、ベビーパウダーと一緒に密封容器に入れましょう。シャカシャカすればほんのり香るパウダーのできあがり。これなら使いやすいですよ。ほんのり香ってまわりの人をウットリさせてくださいね。


writer:しゃけごはん