これぞ、世界レベルの「経験」である。ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)に初参入した日本のサンウルブズは2日、東京・秩父宮ラグビー場で、ワラタス(オーストラリア)と国内最終戦に臨み、12−57で完敗した。

 きつい1年目だった。アウェー2試合を残しているが、ここまでで勝ったのは、たった1つ(4月23日、対ジャガーズ、36−28)で、通算1勝11敗1分け。日本代表対カナダ、日本対スコットランド2連戦をはさみ、4カ月余り、サンウルブズは多くのことを学んだ。

 試合後、初めて選手の家族を交えての簡単な"慰労会"が開かれた。人徳あるマーク・ハメット・ヘッドコーチ(HC)は今季終了後、チームを離れる。日本ラグビーの礎を築くため、情熱を注ぎこんだ。

 ハメットHCは会見ではこう、言った。

「私たちは言い訳をしないチームです。天候がどうだったとか、ケガ人がどうだったとか、言い訳はしません。この(サンウルブズの)ジャージを着て、成長し続けるチームなのです。ただ、多くの人々の前でいい結果を出せなかったのが非常に残念です」

 ホーム最終戦は気温32度を超える炎天下で行なわれた。その蒸し暑さの中、実に「18147人」がスタンドに押し掛けた。

 サンウルブズは前半の中盤まではよく戦った。攻めのテンポは悪くなかったし、フルバック(FB)フィルヨーンが自陣から56mのペナルティーゴール(PG)を蹴り込んだ。だが、時間とともにディフェンスは乱れた。前半はオフロードパス(タックルを受けながらのパス)をうまくつながれ、後半にはフォワードにインサイドで短いパスによる突破を許した。計9トライを奪われた。

 攻めては、何度かは敵陣ゴール前に攻め込んだ。が、トライは獲れなかった。暑さのせいか、連戦による疲労の蓄積ゆえか、運動量が少なくなっていた。攻め急ぎもあった。「我慢」が足りなかった。

 ハメットHCはこうも言った。

「選手の層が底をついてきています」

 サンウルブズの最大の課題は、選手層の厚みである。やはり昨年のワールドカップ(W杯)経験者と比べると、この試合、途中から入った交代選手の力が落ちすぎる。あいまいなアタック、あいまいなディフェンス。これではチームとして機能できない。

 記録をみると、スーパーラグビー参戦の18チーム中、1勝しかしていないチームはサンウルブズだけである。同じく初参入のアルゼンチンのジャガーズは3勝。サンウルブズの総得点が261点、総失点は537点。総トライが29本、総失トライは75本となっている。失トライが極めて多い。

 タックル成功率は18チーム中最下位の79.4%(1位はブルズの87.9%)。セットプレーではスクラム成功率が8位の91.0%(1位はハイランダーズの97.0%)で、ラインアウト成功率が最下位の74.6%(1位はレッズの92.0 %)。当然ながら、試合内容を表す数字となっている。

 ハメットHCは、ここまでのスーパーラグビーをこう総括した。

「サンウルブズの課題は、ハイボールの処理や相手ボールのセットプレーです。あとアキ(山田章仁)がセブンズに出ていったり、ケガ人が出たりしたことで、ワイドなアタックが機能しなくなったことも課題でしょう。でも、忘れていけないことは、多くの選手たちがスーパーラグビーを経験できたことです。これは日本のラグビーにとって大きなステップだと思います」

 スーパーラグビーの試合はハードである。タフである。接点などの強度でいえば、トップリーグの2倍ほどはあろうか。コンディショニングは大事だ。この日はケガで主将のフッカー堀江翔太、コンディション不良のロック大野均らを欠いていた。その他、シーズンを通し、ケガ人が相次いで、ざっと40人ほどがサンウルブズの試合に出場した。

 それも経験だろう。立川理道ゲームキャプテンも「収穫」を口にした。

「特に若い選手がスーパーラグビーのレベルを経験できるというのは、個人個人の能力向上につながる。トップリーグに戻っても、志高くやれると思います」

 経験値は上がった。特にコンタクトプレーなどで、世界レベルに「慣れ」てきた。フィジカルもアップした。大相撲でいえば、十両力士が幕内で大相撲の本場所15番を戦うようなものである。24歳のプロップ垣永真之介は「貴重な経験」を口にした。試合後、耳はつぶれ血が出ていた。

「スクラムは(相手の)重さというか、組む時間が、これまでと全然違うなと思います。スーパーラグビーは絶対、(相手ボールを)獲りにいくじゃないですか。文化の違いですね。(サンウルブズは)まだ組織としての組み方が甘いのかなと、思います」

 25歳のスクラムハーフ、茂野海人はスーパーラグビーでもっとも躍進した選手だろう。昨季はNECからの海外派遣でニュージーランドのクラブで武者修行し、ITMカップ・オークランド入りもした。

 茂野もまた、「経験値が上がったかな」と漏らした。判断のはやさ、引き出し(選択肢)が増えたようだ。

「1試合1試合、経験が積み重なって、次の年にしっかりつなげられるようになれば、と思っています。ITMと比べて、スーパーラグビーのほうがテンポは速い。運動量もすごいと思います。その中で、スペースをみたりする判断であったり、状況に応じての判断であったり、少しは変わったのかなと思います。それでもまだ判断力が足りてないので、もっと養いたいですね」

 経験でいえば、長距離移動などハードな日程もそうだろう。サンウルブズはシンガポール、南アフリカ、豪州にも行き来した。茂野は「高いところ、飛行機に乗るのはちょっと苦手で」と苦笑する。

「でも、(飛行機移動が)ちょっとましになりました。チームの経験値として、コミュニケーション、意志疎通についてはどんどん上がってきていると思います。(食事については)南アフリカでのそれにはなかなか慣れませんでした」

 4月の南ア遠征では食事が合わず、体調を崩した選手が相次いだ。残り2試合の南ア遠征では食事面は改善される見通しである。

 食事ほか、移動、施設、選手の休養保障や待遇の改善、スタッフの充実など、チーム・マネジメント面での課題も多い。さらにいえば、どう選手を選考し、どう選手層を厚くしていくのか。スポンサーなどの支援や資金確保、はたまた国内スケジュールの見直しも必要かもしれない。

 立川ゲームキャプテンはポジティブにとらえている。

「タフなスケジュールの中で、今後よくできることはたくさんあると思います。選手の意見だったり、(日本ラグビー)協会の意見であったりあると思うんですけど、そういうのをすり合わせながらよくなっていくのじゃないのかなと思います」

 混沌とした1年目のチーム運営にあって、2年目はよりプロ化した運営が求められることになる。今季は南アでの残り2試合。まずはきっちり検証し、この苦悶と反省を2019年ワールドカップ、いや将来の日本ラグビーの栄光へ結ばなければなるまい。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu