篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin Shinoyama 2016

写真拡大

日本の写真界を牽引し続ける篠山紀信さんの展示会「快楽の館」が、東京・品川にある原美術館にて2016年9月3日(土)から2017年1月9日(月・祝)にかけて開かれる。

【写真家 篠山紀信が紡ぐ展示会「快楽の館」 ヌードモデルたちの狂宴の画像・動画をすべて見る】

本展では、原美術館内にて撮影された作品を同所にて展示するという斬新な試みを実践。写真展示の新たな可能性を引き出すという。

日本を代表する写真家 篠山紀信


篠山紀信「快楽の館」4 2016年 2(C)Kishin Shinoyama 2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin Shinoyama 2016


篠山紀信さんは、1940年生まれの写真家。ジョン・レノンさんやオノ・ヨーコさん、山口百恵さんをはじめ、ヌード、グラビアから歌舞伎・肖像まで幅広い作風の写真を50年以上にわたって撮り続けており、日本を代表する存在として知られている。

その認知は一部の好事家のみにとどまらず、赤塚不二夫さんの『天才バカボン』や秋本治さんの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』などの漫画作品でも、度々キャラクターのモチーフとして起用されるほど。

また直近では、綾野剛さんと妻夫木聡さんの濃厚なラブシーンが話題を呼んだ映画『怒り』のポスターにも参加。
http://kai-you.net/article/27919

2012年からは、膨大なアーカイブの中から写真のメディア性を世に問うた自身初の大規模個展「篠山紀信展 写真力」の巡回が全国で開かれ続け、大きな反響を得ている。

快楽の館に変貌させる展示会


篠山紀信「快楽の館」2016年2(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016


そんな篠山紀信さんが新たに開く本展は、原美術館を「篠山紀信がカメラによって『快楽の館』に変貌させる」ことがテーマ。

撮影は展覧会入れ替えの休館期間を利用して敢行され、30名にものぼるモデルを起用したヌード写真60点が展示される。

フィルムに収められた作品の展示されていない美術館と、それらが展示される空間が交錯する、いまだかつてない展示会となるので見逃せない。

また、本展開催にあわせてイベントの開催も予定されているほか、図録/写真集『快楽の館』も発行。出品されるイメージだけでなく、メイキング写真も掲載される。詳細は後日発表となる。

美術館は作品の死体置き場、
死臭充満する館に日々裸の美女が集う。
美女たちの乱舞、徘徊、錯乱、歓喜、狂乱、耽溺......
あらゆる快楽がこの館でくりひろげられる。
幻蝶が舞う夢と陶酔の館。
この祝祭は初秋の夜にはじまり、歳明け、厳冬の朝に散る。
たった 4 ヶ月余の一度だけの狂宴。 お見逃し無く。2016 年 篠山紀信


篠山紀信「快楽の館」2016年5(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016



篠山紀信「快楽の館」2016年8(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016



篠山紀信「快楽の館」2016年1(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016



篠山紀信「快楽の館」2016年7(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016



篠山紀信「快楽の館」2016年6(C)Kishin-Shinoyama-2016

篠山紀信「快楽の館」2016年(C)Kishin-Shinoyama-2016



http://kai-you.net/article/30460
http://kai-you.net/article/30608