6日、韓国メディアによると、米大リーグ(MLB)・ピッツバーグ・パイレーツの姜正浩選手が、性的暴行の容疑で警察の調査を受けていることが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は姜正浩選手。

写真拡大

2016年7月6日、韓国・YTNによると、米大リーグ(MLB)・ピッツバーグ・パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ)選手が、性的暴行の容疑で警察の調査を受けていることが分かった。

米紙シカゴ・トリビューンは、「シカゴ市警が先月起きた性的暴行事件に関連し、姜選手を調査していると明らかにした。球団もその事実を知っている」と報じた。同紙によると、姜選手は先月17日、出会い系アプリで知り合った女性をホテルに呼び出した。女性は「出されたアルコールを飲んだ後に意識を失い、暴行された」と主張しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「事実ならすぐに野球界から追放!」
「真面目な恋愛はできないの?プロ野球選手がアプリで女性を呼び出すなんて!国の恥さらし」

「姜正浩が?信じられない。一体なぜ?」
「鳥肌が立った。人は見かけによらないね」

「女が金目的に近づいた可能性もある」
「女の一方的な主張だろう。米スポーツ選手の間ではよくあること。合意の上で肉体関係を持ったにもかかわらず、次の日に性的暴行罪で告訴し、示談金を得る」

「性的暴行が事実でもそうでなくてもイメージ失墜。スターから転落するのは一瞬だ」
「信じたくない…。誰かが『姜正浩だ』と偽って性的暴行を加えたのでは?『アジア人は見分けがつかない』と言う米国人は多いから」
「韓国でしていたことを米国ですると大変なことになる。米国は韓国のように法律が甘くない」(翻訳・編集/堂本)