2016-06-23 20.02.59_R

写真拡大


すでに予約は開始されているものの、発売日が7月上旬となっていた『Disney Mobile on docomo DM-02H』がついに7月8日発売と発表された。

その待望のディズニーモバイルを記者が事前に使ってみたので、発売前に使用レポートする。

写真のように、ミラー調のオリジナルカバーが同こんされ、カバーを閉じたままでも電話に応答することができるほか、様々な情報をアニメーションで表示してくれる。

フロント右下には、スワロフスキー・クリスタルのミッキーアイコンが埋め込まれ、ファンにはたまらないデザインだろう。

背面には、ミッキーマウスとミニーマウスのラインアートが描かれ、着信時にはハートが光るイルミネーションが浮かび上がる。

背面カメラはレンズ部、ストロボ部、測光部がミッキーアイコンとなり、撮る方も撮られる方も思わず微笑むディズニー仕様。

では、あまり詳しくない記者にかわって、ディズニー大好き女子がさわってみた一コマを動画でお届けする。

■【DM 02H】ディズニーモバイル使用動画
https://youtu.be/5uHS3Dc7rOM

カメラのシャッターを「ミッキー!」の掛け声で切ることができる仕様は、自撮り大好き女子もついついたくさん撮ってしまうこと間違いなし。
アウトカメラは約1610万画素で、オリジナルスタンプやフレームも内蔵されているので、撮った後も楽しむことができる。

一方、アップデート等の通知アイコンもミッキーが採用され、細かいところまでディズニーで埋め尽くされている。

待ち受け画面は、エレクトリカルパレードのライブ壁紙が楽しめる。「不思議の国のアリス」「アラジン」「ファインディング・ドリー」の3種類。オリジナルカバー開閉時には3つのデザインが自動的に切り替わり、何が出てくるか楽しみなのも魅力の一つ。

今回のディズニーモバイルはLG電子製。
OSはAndroid6.0を採用、ディスプレイは約5.2インチのフルHD、バッテリーは2900mAhで、記者が特に使用せずにカバンに入れておいた限りでは、5日間くらいの連続待ち受けができた。
おサイフケータイやワンセグ受信にも対応するので、ハードウェア的に特に不足する機能は見当たらない。

まもなく発売されるディズニーモバイル。
ファンにはたまらない機能とデザインが満載なので、店頭で手に取ってみてはいかがだろうか。

※写真・動画はすべて記者撮影・収録
 記事中の商標および著作物はそれぞれの権利者に帰属します

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか