食欲駆動のリアル『パックマン』を生物学者が開発。顕微鏡大、本物の繊毛虫とミドリムシが生存競争を繰り広げる

写真拡大

ノルウェーの生物学者たちが1ミリ四方の顕微鏡サイズ『パックマン』を作りました。パックマンは単細胞生物、モンスターは多細胞生物で、リアルに捕食・被食関係にあるもの同士が命がけの追いかけっこを繰り広げます。この迷路を構築したのは、ノルウェーのマイクロナノシステム技術研究所の生物学者たち。デジタルのドット絵ではなくナノ構造でパックマンのステージを作り上げ、ライトで80年代ビデオゲーム風にカラフルに色付け。単細胞生物の繊毛虫をパックマン、お腹を空かせた多細胞のユーグレナ(ミドリムシ)をモンスターに見立て、本当に食欲で駆動するシステムを実現しています。



ジョイスティックもコインスロットもなく、パワーエサもないので逆転してスコア稼ぎもできませんが、ぐるぐると迷路を追いかけっこしてるさまはゲームのよう。単なる伊達や酔狂で作ったのではなく、その目的は多細胞生物が単細胞生物を捕食する生態パターンを研究するため。壁や抜け道のあるパックマンボードは、空のペトリ皿よりも現実の環境に近いというわけです。

『パックマン』は食べる、『リブルラブル』は囲むなど、80年代ナムコゲームは「動詞」繋がりが多いため自然のシミュレーションに向いてるのかもしれません。分子工学の研究者の方々も『フォゾン』インターフェイスでの分子操作に挑んでもらいたいところです。