スプリングバレーブルワリー東京で「第2回 寿司×クラフトビールフェス」を開催

写真拡大

東京・代官山にあるクラフトビール専門店のスプリングバレーブルワリー東京は7月9日(土)、10日(日)の2日間、「第2回 寿司×クラフトビールフェス」を開催する。

【写真を見る】クラフトブルワリー6社及びグルメ回転寿司3店が参加。驚き溢れるペアリングが体験できる

2月に続いて2回目の開催となる今回は、クラフトブルワリー6社及びグルメ回転寿司3店と協働して、寿司とクラフトビールを組み合わせて楽しむ“フードペアリング”提案をより強化した。

寿司メニュー12種類とクラフトビール16種類をラインアップし、組み合わせは実に192通り。寿司職人がその場で握るこだわりの寿司と、多種多様なクラフトビールとの、絶妙で驚き溢れるペアリングが体験できる。

また、マグロの解体ショーや、寿司・ビール職人によるプレゼンテーション、ペアリング人気投票、オリジナルグッズの販売など、さまざまな企画を予定。

さらに、“寿司にあうビール”として造られた限定醸造品「鮨祭(すしまつり)」を、キリンのオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」でも販売する。

世界的にクラフトビールが広まりつつあるなか、和食文化を代表する寿司と、寿司を引き立てるビールの組み合わせを日本独自の発想で開発し、提案していく取り組みとして展開される同企画。「似た色同士」や「似た風味同士」などペアリングのポイントを参考に、会場でお気に入りの組み合わせを探してみてほしい。【東京ウォーカー】