大阪府が宿泊税導入を発表 2017年より1泊最大300円

写真拡大

大阪府が2017年1月1日より、法定外目的税として宿泊税を導入すると発表しました。
宿泊税は東京都で2002年に導入されており、今回の大阪府は全国で2例目。

【関連:観光関連〜最大7割引の「九州ふっこう割」7月1日より販売開始!】

大阪府によると、宿泊税で集めたお金は、旅行者受け入れのための環境の整備や、国内外へのプロモーションなど観光振興を図る目的に使用されるとのこと。

宿泊税は、府内のホテルまたは旅館に一定額以上で宿泊すると課税されます。支払いは宿泊料金と一緒に宿泊先へ支払い、各宿泊先が預かった税金を納入します。

税率は1人1泊、1万未満が無課税、1万円以上1万5千円未満が100円、1万5千円以上2万円未満が200円、2万円以上が300円。なお、課税対象は素泊まりの料金、素泊まりの料金にかかるサービス料で、消費税、宿泊以外にかかる食事などの料金は対象外となります。

▼大阪府宿泊税
・宿泊料金(1人1泊)
10,000円未満:課税されません
10,000円以上15,000円未満:100円
15,000円以上20,000円未満:200円
20,000円以上:300円

・宿泊料金に含まれるもの:素泊まりの料金、素泊まりの料金にかかるサービス料
・宿泊料金に含まれないもの:消費税等に相当する金額(消費税、地方消費税、入湯税などの租税一般)、宿泊以外のサービスに相当する料金(食事、会議室の利用、電話の利用などに係る料金)

宿泊税ちらし表
宿泊税ちらし裏