金スマ15周年特別企画として、TBSドラマ波瀾万丈物語の3時間スペシャルだった。第1部は武田鉄矢と名取裕子による「3年B組金八先生」秘話、第2部のゲストは「ありがとう」「時間ですよ」「女たちの忠臣蔵」など数多くのヒットドラマを生み出した名プロデューサー石井ふく子だった。
武田の「金八」話もよかったが、御年90歳の石井ふく子にはかなわない。なんといってもいまだ現役というところが凄すぎる。中居正広とのやりとりでもとても90歳には見えない。ドラマの話題よりもむしろその健康法などを知りたくなったほどだ。番組では、民放ドラマ史上最高視聴率56.3%を記録した「ありがとう」の名シーンを見せていたが、公園のベンチの場面などはいかにもセットで、ドリフのコントみたいだったのにはびっくり。
舞台で通行人をしていた石坂浩二をスカウトしたとか、歌手の水前寺清子にドラマ出演してもらうため女子トイレで待ち伏せして交渉したとか、渥美清は向こうからドラマに出たいと売り込みにきたとか、美空ひばりとの交流など、興味深い話ばかりだった。
名プロデューサー石井ふく子の仕事を知る番組としてとてもよくできていたが、番組の最後、「そんな石井がプロデュースしたドラマ『ふつうが一番』を来週月曜夜9時から放送します」という番宣がつけられていて興ざめ。結局、これを見て、って話だったか。2016年7月1日19時56分〜

(白蘭)