数々のフィードバックで“谷原モデル”を多く生み出す本間ゴルフの企画部長(撮影:米山聡明)

写真拡大

 国内男子ツアー『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』でツアー12勝目を達成した谷原秀人。単独首位で迎えた最終日では過去負けなし。5度目の逃げ切り優勝でジンクスを継続した。
【関連写真】本間勢がこぞってバッグに入れているプロトタイプ『TW-MA』
 。昨年の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」優勝時や今季開幕前には本間ゴルフ『TW727 430ドライバー』を使用していたが、今回は『TW727 455 プロトタイプ マットブラック』を使用。注目は『TW-U』の後継モデルと目されるアイアン型ユーティリティのプロトタイプだ。
 『TW-MA』と刻印されたプロトタイプは谷原だけでなく、小田孔明、藤本佳則、高山忠洋ら契約選手がこぞってバッグに入れているモデル。本間ゴルフツアーレップによると「プロの“アイアン型ユーティリティをもう少しつかまるモデルが欲しい”という要望にこたえたもの」で、『TW-U』はバックフェース中央のウエイトが1つのタイプだったが、『TW-MA』は2つのウエイトが配され、より弾道調整の幅が広がっている。
 本間ゴルフはプロからのフェードバックを活かして、新モデルを市場に投入することに強みを持つ。過去にも谷原のフィードバックを基に作られた重量系アイアン型カーボンシャフト『VIZARD IBW』や、“マッスルバックでもヘッドが大きくてやさしいヘッドを試したい”という要望から生まれた『TW-BM』など“谷原モデル”が作られている。
 “谷原のバッグに入っている見慣れないモデルは今後市場に出てくる可能性が高い”ということを念頭において、使用クラブを逐一チェックするのも面白いだろう。
【谷原秀人のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:本間ゴルフ TW727 455 プロトタイプ マットブラック
(9.5度/VIZARD YZ75/X)
3W:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド 15度
UT:本間ゴルフ TW717 ユーティリティ 19度
UT:本間ゴルフ TW-MA プロトタイプ
4I-10I:本間ゴルフ TOUR WORLD TW727V アイアン
51度:本間ゴルフ TW-W
59度:本間ゴルフ TW-W
P :タイトリスト スコッティキャメロン プロトタイプ
BALL:DUNLOP スリクソン Z-STAR XV
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【セガサミーカップ編】
谷原秀人の一言から生まれた進化形マッスル『TOUR WORLD TW-BM』
【ギアNAVI】谷原らが使用する本間ゴルフのギアをチェック!!
【ギアコラム】優勝したセッティングを変更した池田勇太の秘密
【ギアコラム】“使える”クラブはここで見つかる!? シニアツアーセッティング特集