ポイントは3つだけ!

写真拡大

魅力的な人は自分に合ったメイクを施すのがとっても上手!今回は美人さんに近づくポイントをいくつか紹介いたします。

■ 美人になれるメイクのコツ

◎ ポイント1:美肌

どんなに綺麗な方でもお肌がボロボロだと美人とは言えません。美肌の条件は潤いとツヤです。実はファンデーションがヨレたりメイク崩れしたりしてしまう人の多くはお肌自体がしっかり潤っていないんです!パサパサしたお肌にどんなにいいものを重ねてもひび割れてしまいます。必死で雑誌の手本どおり塗ってもモロモロとムラに。なので、ベースメイクはファンデーションの塗り方やお肌との相性よりまずは土台作りが大切!お化粧を始める前にたっぷりの化粧水を乳液でふたをして、クリームまでしっかり塗りこんでからティッシュで軽くオフしましょう。これだけで潤いが保たれ、化粧崩れが防げます。それでも不安ならメイクの上からできる化粧水のスプレーを乾燥が気になる時にシュッとワンプッシュすると良いでしょう。

◎ ポイント2:美眉

顔のパーツで印象を大きく左右するのはやっぱり目元。目の印象は顔の印象を大きく左右しますが、直接目を大きく見せようと目元を濃くしてしまうと全体的に厚化粧に見えてしまいます。なので、厚化粧に見せずに目元の印象を変えられるのは眉です!自分で描くコツは、書き始めは眉頭ではなく眉山から。眉山から眉尻を書いて最後に眉頭側にぼかすと自然で美しい眉に仕上がります。あとは眉マスカラで眉を明るくしてあげると今風のふんわりした眉に仕上がります。眉の形は骨格や筋肉、なりたいイメージによって変わります。形が不安な方は美容室なんかの眉スタイリングを1度試してみましょう。綺麗に整えて剃ってくれるのでとてもお化粧がしやすくなります。

◎ ポイント3:バランス

お肌と眉が綺麗になればあとはバランスさえ整えれば美人メイクのできあがり。コンプレックスを隠すのではなくいいところを目立たせてしまいましょう!例えば、目元がコンプレックスなら少し色味の強いリップで口元を強調してみたり、鼻や口元がコンプレックスならアイラインやマスカラをいつもより少ししっかりのせてみてください。鏡を見るときついついコンプレックスに目が行きがちですが、誰かに褒められた事のあるパーツを思い出してみてください。ピンとこなければ、子供の頃の写真をぼんやり見返してみて可愛いポイントをみつけてあげましょう!今の自分のアピールポイントは見つけづらくても、昔の自分なら客観的に見れるはず!コンプレックスを消すことばかり考えてその部分を厚塗りするよりも、自分のアピールポイントを見つけてトータルのバランスで美人になっちゃいましょう。

■ おわりに

筆者は目元が昔からコンプレックスです。一重で野暮ったく、アイメイクになにより時間を割いていました。しかし、職場の先輩に教わった方法に少しアレンジを加え、上記のポイントを押さえて目はアイシャドーとラインのみでお肌と眉を整え、リップメイクに重点をおいたところものすごく好評!皆様も是非おためしあれ!

(著:nanapiユーザー・chaki 編集:nanapi編集部)