写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンは5日、プレミアム・ショートワゴンの新型「V40」「V40 クロスカントリー」を発売した。フロントフェイスを一新したほか、世界初の安全装備である歩行者エアバッグを全車に標準装備とした。

2013年に販売開始した新型「V40」シリーズは、そのデザイン、走行性能、安全技術が高い評価を得てきた。日本では2016年6月末までに累計で2万6,974台を販売し、日本におけるボルボの最量販車種となっている。

今回発売する新型「V40」シリーズは、フロントフェイスを一新。新型「XC90」を連想させる新デザインのグリルや、北欧神話由来の「トールハンマー」を模したT字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備とした。ボディカラーには新色のアマゾンブルーやデニムブルーを含む5色を追加している。

インテリアは2014年のジュネーブモーターショーでコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞した「コンセプト・エステート」のデザインを取り入れた「シティ・ウィーブ」というテキスタイルシートを新たに採用。インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルを新たに採用している。

安全装備では、車両が歩行者との衝突を感知すると展開し、歩行者がフロントガラスの下部やAピラーの付け根といった硬い部分と接触して負傷しないよう保護する歩行者エアバッグを全車に標準装備とした。「V40」シリーズは歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10の安全機能を従来から全車に標準装備しており、その安全性に磨きをかけたといえる。

価格は、最も低価格な「V40 T3 キネティック」が339万円、245PSのエンジンを搭載するスポーティグレードの「V40 T5 Rデザイン」が455万円。4輪駆動モデルは「V40 クロスカントリー D4 キネティック」が379万円など(価格はすべて税込)。

(山津正明)