今年も来た“テレ東サメ祭り”、3つの頭…宇宙へ…カオスな映画を放送。

写真拡大

テレビ東京は7月7日から、映画放送枠「午後のロードショー」にて、7月の毎週木曜日にサメ映画を放送する“サメ映画祭り”を開催する。

2014年、2015年と「7月の木曜は“サメ”!!!」と題して、サメが登場する映画を毎週放送してきた「午後のロードショー」。サメが襲い来る迫力のありすぎる映像と、「午後のロードショー」ならではの“あり得ない”設定の作品であることから、多くの視聴者を惹きつけ、過去の“祭り”は視聴率も非常に好調だったそうだ。

「午後のロードショー」は今年4月に放送時間を変更した際、番組のオープニング映像も一新したが、そこにもこっそり顔を出しているほどサメは名物特集。今年も同じく「7月の木曜は“サメ”!!!」の特集名で、7月の7日、14日、21日、28日に、サメ映画4作品(※うち3作品は地上波初放送)を放送する。

7月7日「トリプルヘッド・ジョーズ」※地上波初放送
7月14日「シャーク・ナイト」
7月21日「ディノシャーク」 ※地上波初放送
7月28日「シャークネード エクストリーム・ミッション」※地上波初放送

「トリプルヘッド・ジョーズ」と「シャークネード エクストリーム・ミッション」は、それぞれ昨年放送した、「ダブルヘッド・ジョーズ」と「シャークネード サメ台風2号」の続編。いずれも昨年アメリカで製作された比較的新しい作品で、放送を熱望されていた。

数あるサメ映画の中でも人気の高い「シャークネード サメ台風」シリーズは、超巨大竜巻に巻き上げられたサメ達が、街中に大量に降り注ぐという異色作。最新作となるシリーズ第3弾の「シャークネード エクストリーム・ミッション」では竜巻がさらに巨大化し、これまで以上のサメを降らせる。さらに、今度のサメは降るだけではなく、人間たちがシャークネード対策のため宇宙に飛び出したところを追ってくるほどパワフルに進化。主人公たちがいったいどうやってシャークネードに打ち勝つのか、結末が非常に気になる作品だ。

今年の特集について、番組の夏目健太郎プロデューサーは次のようにコメントしている。
※※※ ※※※ ※※※

今、サメ映画がちょっとしたブームになっているみたいです。サメが巨大ハリケーンに乗って飛んでくる『シャークネード』シリーズ、昨年放送のサメとタコが合体した『シャークトパス』シリーズも第3弾までリリースされ、巨大ザメがさまざまな敵と対決する『メガ・シャークVS〜』もまだまだ続きそう。そして今年の夏は人食ザメと女性サーファーのサバイバル・アクション『ロスト・バケーション』が拡大ロードショー。人気があるから次回作が作られる、いかにもアメリカらしい需要と供給の関係がサメ作品においても成立している!?

午後のロードショーも作品があって、初めて企画が成立します。ちょっとこれイイ!というサメ作品が世に出て、それが何本か集まって、せっかくなら夏、暑くなって、海への憧れが募る7月にイッキに放送しちゃおう!、と始まった「7月の木曜は“サメ”!!!」特集。それがサメブームの先駆けだと言ってもらえるなら単純に嬉しい限りです。

ただ3年目の今年、サメ作品の数も充実、それぞれの作品は更にパワーアップし、より厳選された4作品となっています。それって一体どんな感じかって?皆様に是非“午後ロード”で体感してみて欲しいです!