写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは5日、日本専用の特別限定車「パサート ヴァリアント ヴォヤージュ」を発売した。インフォテイメントシステムやLEDヘッドライトパッケージといった人気のオプションを標準装備としている。

同特別限定車は、1.4リットルTSIエンジンと7速DSGを搭載する「パサートヴァリアント TSI コンフォートライン」をベースとしている。旅や旅行を意味する「ヴォヤージュ」の名を冠し、ゆったりとした快適な室内空間と広大なラゲージスペースとの相乗効果によって、積極的にアウトドアやレジャーを楽しめるモデルであることを強調した。

追加される装備は、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム「Discover Pro(ETC2.0対応車載器付き)」、LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)、カーウインドウフィルム レギュラースモーク(リヤ/リヤ左右)。

ボディカラーは全7色を用意し、合計250台の限定販売となっている。各ボディカラーの限定販売台数は、「ピュアホワイト」25台、「ディープブラックパールエフェクト」45台、「ハーバードブルーメタリック」60台、「タングステンシルバーメタリック」60台、「ナイトブルーメタリック」15台、「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」(有償オプションカラー)35台、「クリムゾンレッドメタリック」(有償オプションカラー)10台。

「パサート ヴァリアント ヴォヤージュ」の価格は389万円(税込)となっている。

(山津正明)