写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝ソリューション販売は7月6日、AOSデータと共同で、IBM社のパブリッククラウドSoftLayerおよびオンプレミス環境のWindowsサーバを対象とするクラウド型バックアップサービス「TaMATE クラウドコンテナ」の提供を同日より開始すると発表した。

このサービスは、「AOSBOX Business」を採用しAWSを保存先にしたクラウド型バックアップソリューション。指定したフォルダを監視し、指定した間隔で変更があったファイルを定期的にバックアップする。ファイル毎に、最大100世代までバックアップを保持し、オンプレミス対応版は、クラウドと同時にLAN内にあるネットワーク・アクセス・サーバに同時転送が可能。

SoftLayer対応版もオンプレミス対応版も1台/100GBで、100GB単位で追加できる、なお、価格はいずれもオープン。

(丸山篤)