写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アウディ ジャパンは5日、RSモデルの3車種「RS 7 スポーツバック」「RS 6 アバント」「RS Q3」に、さらに性能を向上させた「RS パフォーマンス」を発売すると発表した。新たにオープンしたアウディ スポーツ店および、アウディ正規ディーラーを通じて8月下旬から販売する。

RSモデルとは、アウディのモータースポーツ活動をサポートするアウディAG傘下の「quattro GmbH」が開発に参画し、製造を行う特別な高性能シリーズの名称。ハイパワーと環境性能を両立する先進のエンジンやクワトロフルタイム4輪駆動システムを搭載し、優れた走行性能と高い実用性を兼ね備える。現在、日本では合計7車種のRSモデルが販売されており、今回発売されるのはそのうちの3車種「RS 7 スポーツバック」「RS 6 アバント」「RS Q3」の性能をさらに引き上げた、アウディ究極のハイパフォーマンスカーだ。

「RS 7 スポーツバック パフォーマンス」「RS 6 アバント パフォーマンス」は、パワートレーンにV型8気筒4.0TFSIエンジンと8速ティプトロニックトランスミッションを搭載。最高出力は従来比で45PS向上し、605PSとなる。短時間使用可能なオーバーブーストモードも搭載した。0-100km/h加速は従来より0.2秒速い3.7秒。「RS Q3 パフォーマンス」は直列5気筒2.5TFSIエンジンを従来比27PSパワーアップし、最高出力367PSとした。0-100km/h加速は4.8秒から4.4秒へと短縮、最高速度は250km/hから270km/h(スピードリミッター作動)へ向上している。

価格は「RS 7 スポーツバック パフォーマンス」が1,881万円、「RS 6 アバント パフォーマンス」が1,829万円、「RS Q3 パフォーマンス」が818万円(すべて税込)となっている。

(山津正明)