画像

写真拡大

 オラクルとSnapchatは、共同でSnapchat上での広告によってもたらされる店舗売上の増加に関して評価する取り組みを行う。

 オラクルとSnapchatは、現状のデジタル広告における影響を評価するソリューションで提携することを発表した。あわせて、「Oracle Data Cloud」とSnapchatは共同で、Snapchatでのマーケティング・キャンペーンによってもたらされる店舗売上の増加に関する評価を行う。

 具体的には、「Oracle Data Cloud」が実店舗での売上に対するキャンペーンの影響を分析することで、一般消費財(CPG)広告主がSnapchatで実施しているマーケティング活動の効果の定量化と向上を支援する。

 また両社では、化粧品、パーソナルケア、清掃、加工食品、飲料水の大手ブランド用にSnapchatで展開中の12のCPGキャンペーンによる実店舗売上の伸びについて分析する調査を行った。その結果、以下が明らかとなった。

 ・Snapchat広告キャンペーンの92%が、実店舗売上の増加を促進

 ・広告キャンペーンでは、売上の増加が主な促進要素となり、すべての主要指標で
 「Oracle Data Cloud」の基準値を上回る結果となった

MarkeZine編集部[著]