セビージャ入団会見に出席した清武弘嗣が抱負「ピッチで全てを出し尽くしたい」

写真拡大

▽今夏にハノーファーからセビージャに移籍した日本代表MF清武弘嗣が5日、入団会見に出席した。セビージャの公式サイトが清武のコメントを伝えている。

▽先月24日にメディカルチェックを受けた後、2020年までの4年契約にサインした清武は、知っているスペイン語を問われると、「ビバ・セビージャ!」と会場を沸かせ、強豪セビージャでの成長を誓った。

「ビッククラブに来ることができてワクワクしています。ドイツに4年間いて、良い選手もたくさんいましたし、その中でポジション争いもしてきました。けど、セビージャはヨーロッパリーグを3連覇していますし、自分がこれまで経験したことのないレベル。良い選手がたくさんいるので、良いポジション争いが待っていると思います」

▽また、スペイン語の習得については、「チームメイトのことを理解するためにも努力していきたいです。特に、サッカー用語を早く学びたい」と意欲的。希望のポジションについては、「どこのポジションでプレーするかは気にしていません。できる限り、多くのゴールを決めたい。まずは試合に出て、ピッチで全てを出し尽くしたいです」と述べた。