全国の中高生を対象とした日本有数のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」を開催へ

写真拡大 (全2枚)

D2Cは、全国の中高生を対象にした、スマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」を開催する。

本コンテストは、12歳から18歳までの全国の中高生が開発した、iPhoneやAndroid端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰するというもの。昨年は1300以上の作品応募があり、中高生向けのアプリ開発コンテストとしては日本最大級で、全国の中高生が技術力を競いあっている。

作品は、公式ウェブサイト(https://www.applikoshien.jp/)にて、本日2016年7月1日(金)より8月31日(水)まで作品の応募を受け付け、9月18日(日)に一次審査を経た30作品を選出、発表する。

その後、二次選考会を行い10作品に絞った後、10月23日(日)に決勝大会で二次選考を勝ち抜いた10組によるプレゼンテーションを行い、外部から招いた審査員が優秀作品を選出し表彰する(於:D2Cホール)。なお、優勝者にはiMac(もしくはMacbook Pro)、準優勝者には最新型タブレット端末が賞品として贈呈される。また、審査員の審査とは別に特別企業賞を設け、各協賛企業の審査により、選出された作品を表彰し、対象者には各企業の1日職場体験等の特典が付与される。

■アプリ甲子園2016概要
・主催 : 株式会社D2C
・後援 : 新経済連盟、NPO法人WRO Japan
・協賛 : 株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニー、電通アイソバー株式会社、株式会社パワーハウス、東京工科大学、日本工学院
・応募対象:中学校、高等学校、高等専門学校(3年生まで)に在籍の方(グループ応募可) ※現在学校に在籍のない方、小学生以下の方の応募も可能です。
・選考対象:iPhone、iPad、iPod TouchのiOS用アプリ、またはAndroid OS用アプリ、Windowsphone用アプリ、App Store、Android 各種market未発表作品、またはリリース作品(※)
※ただし、App StoreやGoogle Play、Windows Store等マーケットに最初にリリースした日が、 2015年9月から現在までのものとなる。
※作品テーマは基本自由ですが、テーマがある方が作りやすい方は「学校で役に立つもの」や「みんなの元気が出る」をヒントにして下さい。
●スケジュール
・7月1日(金):作品エントリー受付開始
・8月31日(水):作品エントリー受付締切
・9月18日(日):一次選考会(書類審査)
・10月2日(日):二次選考会(プレゼンテーション) 会場:D2Cホール(D2C本社内・東銀座)
・10月23日(日):決勝大会(プレゼンテーション) 会場:D2Cホール(D2C本社内・東銀座)
※決勝大会参加者へはD2Cが交通費等を負担します。
●賞品
・優勝(1組) iMac(27インチ)or Macbook Pro 13/15インチRetinaディスプレイ
・準優勝(1組) 最新型タブレット端末、またはAppleWatchSport(38mm)
・参加賞(決勝参加者) Amazon card 5,000円分
●評価項目
企画力(独創性、デザイン性、消費者支持度)・実装力(操作性、技術力、完成度)
●応募方法
「アプリ甲子園」公式ウェブサイトにて受付
●審査員
・杉山 知之 氏:デジタルハリウッド大学 学長 / 工学博士
・中澤 仁 氏:慶應義塾大学環境情報学部准教授 / 博士
・石戸 奈々子 氏:NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表取締役/慶應義塾大学准教授
・谷本 有香 氏:フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB編集長
・田村 哲也 氏:チームラボ取締役
●特別企業賞
・セガゲームス賞:実際の開発環境でのゲームアプリ開発・体験やオフィス見学をできるほか、セガグループ関連商品をプレゼントします。
・パワーハウス賞:受賞記念クリスタルトロフィーおよび選べるWEBマネー3万円分の授与、若手スマホアプリエンジニアとの交流会へご招待します。
・電通アイソバー賞:1日職場体験の提供および、授賞者のアプリのプロモーション映像を制作します。

■アプリ甲子園2016

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・想像も付かない子どもの発想力が見えた! 電子タグ「MESH」ワークショップレポート<PR>
・楽天、海の家「Rakuten Beach CAFE」を湘南江の島に初出店
・コミックシーモアで“背筋も凍る恐怖体験”を大募集。ホラー漫画がお得に読めるキャンペーンも
・AbemaTV、最新テレビアニメの見逃し放送専門チャンネル「新作TVアニメチャンネル」を開設
・行定勲監督作の映画「うつくしいひと」をニコニコチャンネルで配信開始。売上全額を「熊本地震義援金」に寄付