4日、韓国の新しい国家ブランドが「クリエイティブ・コリア」に決まったことについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の国旗。

写真拡大

2016年7月4日、韓国・文化日報によると、韓国の新しい国家ブランドが「クリエイティブ・コリア」に決まった。

韓国・文化体育観光部長官は4日、「未来志向的な3大核心価値である創意、情熱、和合を集約した『クリエイティブ・コリア』を、公式の国家ブランドに選定した」と発表した。同部関係者は「先進国には国ごとに連想される国家のイメージがあるが、韓国はいまだにイメージが不透明であるとの指摘が多かった。昨年、光復(解放)70年を迎えたことをきっかけに、新たな国家ブランドを決める事業を始めた」と説明した。

同部は8月のリオデジャネイロ五輪や2018年の平昌五輪など、大規模なイベントで新しい国家ブランドを使用する計画だ。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「いつまで続くかな?大統領が替わったらなくなるだろう」
「なぜ英語?いつも『ハングルを大切にしよう』『ネット用語をなくそう』と言っているくせに」

「韓国はきっと、次もノーベル賞を獲得できない」
「クレイジー・コリアの間違いではなくて?」
「まずは“信頼できる政府”をつくってほしい」

「スローガンを変えるのは理解できるが、国家ブランドを変えるのは国の名前を変えることと同じ」
「韓国がクリエイティブしたものなんてあった?」

「創造するにはしっかりした土台が必要。まずは政府内の不正問題を解決することから始めてほしい」
「国に希望がなく、否定的で、絶望的であるという意味を込めて“ネガティブ・コリア”はどう?外国人が好奇心で観光に来てくれるかも」(翻訳・編集/堂本)