ある夫婦建築ユニットが「オバマライブラリー」のデザインを任された理由

写真拡大

今年で任期を終えるオバマ大統領が、政権のアーカイヴを保存する図書館をシカゴにつくる。その建物のデザインを任されたのは、ニューヨークを拠点とする夫婦建築ユニットだった。コンペに応募した名だたるスター建築家・建築ファームのなかから、彼らが選ばれたワケとは?

「ある夫婦建築ユニットが「オバマライブラリー」のデザインを任された理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

シカゴの「Obama Library」(オバマライブラリー)を設計する建築家が決定した。夫婦であるトッド・ウィリアムとビリー・チェンだ。

2人の主な作品には、フィラデルフィアの「Barnes Foundation」やブルックリンの「LeFrak Lakeside Center」、アメリカ中のいくつかの大学のキャンパスがある。ウィリアムとチェンの名を冠したニューヨークの建築事務所は、今回のコンペティションにおいてほかの6社を破り、勝者に選ばれた。

オバマ財団によれば、オバマライブラリーは、オバマ政権のアーカイヴを保存する図書館とオバマ政権と現代が抱える問題に焦点を当てたミュージアムになる。プロジェクトにあたって、シカゴのInteractive Design Architectsが2人と協力する。

この夫妻は、広い中庭をもつ、巨大で、広々とした現代的な設計を行うことが多い。もし石灰岩やガラスの窓から放たれる絶妙な輝きがなかったら、彼らの有名な作品の多くは「ブルータリズム」(荒々しさを残した表現主義)に過ぎていたかもしれない。

2人が提案した「Obama Presidential Center」(オバマ大統領センター)の完成予想図はまだ存在しない。『Chicago Sun-Times』紙によると、6月30日(米国時間)に行われた記者会見において、建築批評家のポール・ゴールドバーガーは「選定過程は建築家を選ぶために行われたようなもので、建物のコンセプトデザインを選ぶために行われたものではない。(計画は)まったくの白紙状態だ」と語った。彼はまた、「ジャクソンパークかシカゴ南部のワシントンパークのどちらになるか、正確な建設地も決定していない」と続けた。図書館の建設費は5億ドルと伝えられており、2020年に完成が予定されている。

RELATED

『WIRED』US版がコメントを求めたのに対して夫妻の事務所から返事はなかったが、このコンペの結果からは多くのことが推測できる。

ウィリアムとチェン夫妻には、彼らがコンペで競った建築家──デイヴィッド・アジャイ、レンゾ・ピアノ、Snøhetta、そしてSHoP Architects──ほどスター性はないかもしれない。しかし、「深遠な楽観主義のための建築」と表現される彼らの哲学に、オバマ大統領が目を引かれたのだろうということは想像に難くない。

さらに、ウィリアムとチェン夫妻のスタジオはニューヨークにあるが、2人の建築の影響力はアメリカ中に及んでいる。それは彼らの作品を、まぎれもないアメリカ流のものにしている。この点において、イギリス人のアジャイやイタリア人のレンゾ・ピアノには真似をすることはできない。

加えて白人の多い建築業界において、ビリー・チェンはアジア人女性だ。Interactive Design Architectsの社長は黒人女性である。

楽観主義、その土地の建築家としての強み、多様性──。オバマライブラリーの計画はまだつくられていないが、オバマ大統領が自らの遺産をどのようにかたちづくるのか、その輪郭を見て取ることはできるだろう。