せこっ!! 男性が職場でみかけた「ずるい同僚」8選 「典型的な●●マン」ほか

写真拡大

誰だって生きていく上で損をしたいとは思いませんよね。ですがあまりにもせこい言動を繰り返していると、周囲から「ずるい人間」と思われてしまうこともあります。職場で見かけたずるい同僚について、社会人男性のみなさんに聞いてみました。

■残業代を荒稼ぎ

・「昼間仕事しないで5時から仕事する」(29歳/学校・教育関連/営業職)

・「いつも夜勤やっている同僚。夜働くだけで給料に夜勤手当が付くので」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

時間外労働や深夜労働は賃金が割り増しになる場合も多く、時間に制約のない人にとってはおいしい稼ぎ方に違いありませんが、そもそも必要のない残業なら本来はするべきではありません。会社に損害を与えてまで給料がほしいという考え方は本末転倒ですね。

■上司に媚びるのが何より大事な仕事

・「旅行に行き、お土産を買ってくるが、こっそり高い土産を上司に渡す」(35歳/その他/その他)

・「サボってばかりなのに、典型的なイエスマンで、社長のお気に入りという理由で一切怒られない人」(33歳/その他/経営・コンサルタント系)

大して自分の仕事もしっかりしていないのに、やたら上司に媚びるのがうまい人もいるようです。自分よりも上の立場の人に対しては感心してしまうほど気を使っているのに、下の立場の人には横柄な態度で接したり、いざというときに守ってくれなかったりすることも彼らの特徴かもしれません。

■やたら自己アピールがうまい

・「一緒に作業をやったのに、自分の成果を凄くアピールする同僚」(30歳/情報・IT/技術職)

・「他人の営業実績を分けてもらったにも関わらず、自分の手柄にする人」(35歳/その他/営業職)

いわゆる「いいとこどり」がうまい人です。これをされてしまうと、ほかの人は努力したにも関わらず自分の評価が下がってしまうこともあります。本来であればグループの中で協力して成果を上げられる人を評価するべきなのに、それができない上司にも問題がありそうですね。

■人を蹴落とすのは常とう手段

・「上司に取り入って他人の悪口を言って、自分が気に入られ出世する人」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「お互い不満に思っていることを、私が不満を言っていたというような形で本人に伝えたこと。そのせいで、私だけその言った人を前にして怒鳴られた」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

自分の評価アップのために他者を蹴落とし、相対的に評価を上げようとするタイプですね。この手の人にはたとえ飲み会の席でも本音をもらさない方がよさそうです。どんなふうに湾曲させて話を広げるかわかったものではありませんよね。

■まとめ

自分が働いている会社にもこういう人、いる! と思わず納得した人も多いのではないでしょうか。人は誰でも自分の利益のためならこのようなずるい行動に出てしまう可能性があります。「ずるい人」のレッテルを貼られないためにも、理性と周囲への思いやりを持って仕事に臨みたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜35歳の社会人男性)