スマホの充電のために命を落とすなんて!「時は金なり」を壮大なスケールで描くエンターテインメントCM!

写真拡大 (全4枚)

サムスンは、最新スマホ機種Galaxy 7Sの充電時間の短さをアピールする、スケールの大きなテレビCMを公開しました。

「古来、時間はもっとも貴重なもの――」というナレーションで始まる本作では、人(と恐竜)が時間に運命を左右され、時間に追われ、時間を乞うさまざまなシーンがテンポよく展開されていきます。

卵が孵った途端に隕石落下に遭う恐竜  踏切に足止めされて悔しがる女性
欲張ったが故に時間切れになった強盗犯  お金で時間を買おうとする裕福な老女
アクション映画でよく見かける時限爆弾に挑むヒロイン  トイレに駆け込む女性

「このCMを見るのにもすでに34秒使わせちゃいましたね。ごめんなさい」

締めくくりは、(なぜか)サルサソースの缶詰に爆弾が仕掛けられているという突飛なシチュエーション。今すぐ逃げようと言うボスに対し、店員の男性は携帯を充電中だから離れられないと主張し、結局ボスだけがギリギリのところで命拾いをするというストーリーで、「なぜ、あなたはスマホの充電のために時間を無駄にするのですか」と問いかけています。

 

「時間(の大切さ)」をテーマにした広告は過去にも多く制作されてきましたが、本作はサムスンらしく、エンターテインメント性の高いクリエイティブで視聴者を楽しませながら商品メリットを伝えています。

企業:Samsung
タイトル:「Galaxy S7: Time」