ふんわり優しい味わいを楽しめる「復刻版青山アンデルセンバーガー」に注目

写真拡大 (全5枚)

パンに詳しいあの人にイチオシのベーカリーを教えてもらうリレー形式の連載「わたしのいちおしベーカリー教えます」がスタート。第1回目は、パン&スイーツ好きのライター・山下エミが、小さい頃から通っている「青山アンデルセン」をご紹介します。デンマークのエッセンスを取り入れたパンがとっても美味。
青山通り沿いにある、北欧風の建物が印象的な「青山アンデルセン」。店内に入るとパンの豊かな香りがいっぱいで、心がほっこり。こちらはデンマークをお手本にしたベーカリーで、1階の「ベーカリー」では、食事用パンやデニッシュペストリー、菓子パンなど、100種類以上のパンが揃う。地下1階の「サンドイッチカフェ」では、自家製のサンドイッチやデリをいただくことができので、モーニングやランチタイムの利用に最適。

◆ほろりと崩れ落ちるサクサク食感の「デニッシュペストリー」に夢中


数多くのパンが揃うけれど、特にお気に入りは「デニッシュペストリー」。アンデルセンは、日本で初めてデニッシュペストリーを販売したお店で、本場デンマークの職人から学んだ技術が活かされているのだそう! ひと口頬張れば、ほろほろっと崩れる何層にも重なったデニッシュ生地がクセになるはず。ほんのり甘いカスタードとの相性が抜群の「スパンダワー」(216円)や、甘酸っぱいダークチェリーがトッピングされた「ダークチェリー」(259円)など、まるでスイーツみたいでおやつタイムにもぴったり! 青山アンデルセン限定で、プチサイズの「デンマークペストリー」(162円〜)も。こちらは、手土産にも重宝しています。

◆優しい味わいでリピートしたくなる「復刻版青山アンデルセンバーガー」


地下1階の「サンドイッチカフェ」でいただける「復刻版青山アンデルセンバーガー」は、ベーカリーならではのこだわりが感じられる一品。全粒粉を使ったパンを使用しているのが特長で、風味がよく歯切れがいいから、肉の旨みをシンプルに感じられる自家製の牛肉パテとのバランスが絶妙。ベーコンやトマト、ピクルスもサンドしているからボリュームたっぷりで、食べ応えも十分。ほかのハンバーガーショップとは異なる、ふんわりと優しい味わいに魅了されるはず!

◆This time selector 〜今回のベーカリーを教えてくれた人〜


山下 エミ
webサイトの編集を経て、フリーの編集・ライターに。パンを食べない日がなく、ベーカリーやパンについての記事も多数。次回以降も本連載「わたしのいちおしベーカリー教えます」のライティングを担当。