中国広西チワン族自治区都安瑶族自治県が3日、山歌(農村や山村で野外労働をする時に歌われる簡単で短い民謡)を歌うイベントを開き、ヤオ族の最高女神・ミロトの誕生日である「祝著節」を祝った。

写真拡大

中国広西チワン族自治区都安瑶(ヤオ)族自治県が3日、山歌(農村や山村で野外労働をする時に歌われる簡単で短い民謡)を歌うイベントを開き、ヤオ族の最高女神・ミロトの誕生日である「祝著節」を祝った。新華網が報じた。

【その他の写真】

旧暦5月29日は、同自治区の布努(ブヌ)語を話すヤオ族にとって、1年で最も盛大な「祝著節」が祝われる日。「祝著節」は、「達努節」や「祖娘節」、「瑶年」とも呼ばれている。(提供/人民網日本語版・編集KN)