4日、米華字ニュースサイト多維新聞は、中国は秘密裏に独自の方法で北朝鮮に制裁を科していると伝えた。写真は中朝国境を通る貨物列車。

写真拡大

2016年7月4日、米華字ニュースサイト多維新聞、中国は秘密裏に独自の方法で北朝鮮に制裁を科していると伝えた。

11年の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記就任以来、中朝関係は一貫して緊張状態が続いてきた。中国の意に反して北朝鮮は核実験を続けており、13年には中国とのパイプ役だった張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長を処刑した。

今年6月下旬の弾道ミサイル発射後、ケリー米国務長官は中国に対し、北朝鮮との貿易中止を要求。中国は表向きは拒否したものの、水面下では独自制裁を開始している。米シンクタンクの戦略問題研究所(CSIS)の韓国専門家は「中国は米国の要求には応えないが、予想以上の圧力をかけて国際社会を喜ばせている」と指摘する。CSISの分析によると、北朝鮮の新義州駅や遼寧省丹東駅など中朝国境貿易の鍵となる関税区で、列車の通行量や貨物の取引量は明らかに減っている。

今年3月には中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が国連の北朝鮮制裁決議に同意。核実験の強行に対する憂慮を表明した。(翻訳・編集/大宮)