1

今の道路はアスファルトで舗装されていますよね。

アスファルトは石油を精製する過程ででてくるモノの一種で、これを小石とまぜて固めて道路の舗装にするわけです。従来の舗装はもちろん通行や駐車に使うだけで、自分自身がなにかを生み出すことはありません。

でも、舗装に太陽光パネルを埋め込めるとしたら? そんなアイディアがアメリカで登場しました。

これが、「ソーラー・ロードウェイ」パネルです。もし、アメリカのすべての道路(歩行者用を含む)をこのパネルで覆うことができたとしたら、全米で消費される電力の3倍の電力を生み出せるというのです!

この「ソーラー・ロードウェイ」パネルは、強化ガラスで太陽光パネルやLEDライトをはさむような構造になっているようです。もちろん、トラクション試験や荷重試験、耐衝撃試験を行って、適切なものになっています。

ひとつひとつは六角形で、これを組み合わせて舗装します。そのおかげでカーブや丘など、平坦で真っ直ぐではない場所もうまく舗装できるというわけです。またこの「ソーラー・ロードウェイ」パネルはLEDライトを内蔵して、白線などをペイントする代わりに光らせることができるようになっています。

なので、舗装路面のラインを変更したり、場合によっては駐車場からスポーツ施設へと簡単にラインを変更することもできます。

また圧力センサーを内蔵させて、行く先に大型動物がいたりしたら、道路に警告を表示させることもできます。さらにヒーターを内蔵させることもできるので、寒冷地では雪を溶かすこともできるようです。

それでは、その紹介動画(英語)は次のページでどうぞ。

動画を見るにはこちら

道路っていっても、じっさいはクルマもひとも通っていない時間のほうが圧倒的に長くて、駐車場といっても、クルマを出し入れするために、クルマを駐めることができないスペースはいっぱいあるので、こうやって舗装面を使って発電するというのはスペースのいい活用法かもしれませんね。

この舗装、実際に試験的に敷設されることが決まったとかいう報道もなされているようです。

まぁ、実際のところ導入コストはかなりかかるでしょう。機能部品を内蔵するので、故障のリスクもあるし、廃棄の費用もかかります。

これがどこまで実用化されるかはわからないし、製造や設置や廃棄に必要なエネルギー等も考えると、本当はたいしてエコではないかもしれません。

でも、こういうアイディアがどんどん出てくることはいいことですよね。

(まめ蔵)

実現するか? 太陽光発電を行う道路舗装【動画】(http://clicccar.com/2016/07/05/383680/)