下落相場で買うべきETF(上場投資信託)とは? 「今すぐ買う」「急落時に買う」「平穏時に買う」 3つの局面で使い分ける方法と各ETF、ETNを紹介!

写真拡大

英国のEU離脱での下落など、日本株には今や予測が難しい世界中の政治的なイベントが存在する。突然の下落リスクがある中、株価が下落しても、損失を抑えたり、さらに儲けることすらできるETFを紹介しよう。

政治的なイベントで株式市場に対するリスクが高まる場面で上昇する!
【今すぐ買う!⇒金ETF】

 円高の進展次第では2017年に日経平均は1万2000円程度までの下落もあり得ると指摘するのが、エモリキャピタルマネジメントの江守哲さんだ。

 「アベノミクス以降の株価の大幅上昇は、1ドル=75円台と過剰な円高になっていたドル・円で急速な円安が進んだことで、外需企業の業績が大幅に回復した影響が大きい。しかし、今後は長期的な円高トレンドが続くと見ています。複数の主要国通貨に対する米ドルの値動きを表すドル指数は、7年サイクルで上げ下げを繰り返しているのですが、ドル高のサイクルが7年続いたことから、今後は長期的なドル安が続くと見ています」

 このドル指数を見ると、確かに2008年末頃から、米ドル高が続いていたことがわかる。しかし、ここに来て米国企業の2016年1〜3月期の企業業績も不調で、米国もさらなる米ドル高を容認できる状況ではなくなったと江守さんは見ている。

 「2017年夏頃に1ドル=95円までの円高を予測しています。そこまで円高が進むと、日経平均は1万2000円まで下げる可能性も十分あります」

 一方で、江守さんが上昇または反発を見込むのが金価格だ。

「金利が付かないことが、金投資のデメリットなのですが、日銀や欧州中央銀行がマイナス金利を導入したことで、金利が付かないデメリットが小さくなっています。世界的に金利が低水準で抑えられ、経済が比較的好調な米国ですら、なかなか利上げをすることができない状況です。政治的イベントなどで、リスクが高まる中、資産の一部で金を買っておいたほうがいい」

 こうしたリスクに備えて、金を買いたい人には、金価格に連動して動く金の果実 純金上場信託(現物国内保管型)(1540)などがオススメ。ETFなので株と同じように売買できるうえ、4000円程度からと最低購入額が低く、信託報酬も0.4%からと低コストなので買いやすい。

(参考記事)
◆有事に強い「金」に資産の10%を分散しよう!金投資の第一人者が語る、金へ投資をするなら2016年の前半までが絶好の始め時の理由とは?

日経平均の下落時に下落率の2倍も株価が上昇するETFもあった!
【急落時に買う!⇒日経平均のベア型ETF】

 今回の英国の国民投票の結果を受けた下落など日本株には様々な下落リスクがつきまとう。とはいえ、配当目的などで株を買っている目先の株価動向を気にした早急な売買はしたくはない人や、含み損が出るのをじっとして見ていたくないという人にオススメなのが、ベア(インバース)型のETFだ。

 ベア型ETFとは、連動する指数と逆の動きをするタイプのETF。例えば、ベア型ETFの場合、日経平均が5%下落すると、逆に5%上昇する。また、株式を多く保有する人が全体相場下落の際のリスクヘッジとして使いやすいように、日経平均が5%下落すると、10%上昇するETFもある。つまり、保有する銘柄が下がった際の損失の補填をする際に非常に便利なのだ。

 例えば、100万円の株を保有している際に、このETFを半分の額の50万円分買うと、全体相場に連れ安した時の損失を補填することができる。しかも、日経ダブルインバース・インデックス連動型上場投資信託(1357)は約3000円からと、初心者でも売買がしやすい。

 投資タイミングとしては、急落が始まった時が最適で下げ止まりで売却を。

(参考記事)
◆日本株が下落して儲かるベア型ETFの使い方とは?約3000円から買えるベア型ETFの紹介と急落相場におけるベア型ETFの注意点を解説

株価の先行きへの投資家の不安拡大で大きく上昇する変わり種のETF!
【相場の平穏時に買う⇒恐怖指数ETN】

 相場の急落への備え方として、最後に紹介したいのが「恐怖指数」に連動するETFだ。

 一般的に、株価の変動率が大きくなると今後の相場について不透明感が高まることから、投資家は不安が大きくなる。この株価の変動率に連動する指数があり、正式にはボラティリティ指数(VIX指数)と呼ばれるが、この指数が高まると投資家の不安が高まり恐怖感も上昇することから恐怖指数という別名がついた(実際、変動率が高まるのは上昇局面ではなく下落局面がほとんど)。

 こうしたボラティリティ指数の中には、日経平均のボラティリティ指数もあり、その指数に連動するETN(ETFとは仕組みが若干異なるだけ)としては日経平均VI先物指数 ETN(2035)がオススメだ。値動きが小さくなる局面を待って、少額だけ買っておくといいだろう。

 実際にこうしたETFは、リーマンショックなどの大幅下落時に大きく上昇している。急落の値幅が大きくなればなるほど、ベア型ETF以上に急騰する傾向にある。

■下落相場で持ち株の損が相殺できるオススメETFベスト4

価格(6/6) 信託報酬 委託会社 詳細情報
今すぐ
買う
ETF
金の果実 純金上場信託(現物国内保管型)(1540)
4175円 0.40% 三菱商事
【特徴】金価格に連動するETF。このETFの場合は、1kg相当から金の現物(バー)に転換ができるという特徴がある
急落時に
買う
ETF
日経平均インバース・インデックス連動型上場投資信託(1571)
2489円
0.80% 野村アセットマネジメント
【特徴】「インバース」には反対という意味があり、このETFは日経平均とまったく逆の動きをする。2000円台から買える。
日経ダブルインバース・インデックス連動型上場投資信託(1357)
3015円
0.80% 野村アセットマネジメント
【特徴】日経平均の動きの2倍逆の動きをするETFで、日経平均が5%下落すると10%上昇する。
平穏時に
買う
ETF
日経平均VI先物指数 ETN(2035)
2万9790円 0.95% ノムラ・ヨーロッパ・FNV
【特徴】株価の変動率が大きくない時は一定の範囲のレンジで動いているが、株価急落時などには急騰するという特徴がある。

 ところで、6月21日発売のダイヤモンド・ザイ8月号には、出揃った3月決算企業の最新の会社予想を徹底分析して買いの株を探した「鉄板お宝株のランキング&賢い買い方」と3カ月に一度の人気企画「人気株500の激辛診断」が載っている。

 その他、以下の記事なども掲載している。
◆「プロ70人のこの先1年間の日本株の高値&安値」
◆「上場全3620銘柄の最新理論株価」
◆「別冊付録・桐谷さんも挑戦!スマホ&アプリで株で勝つ」

 全国の書店、ネット書店(アマゾン、楽天ブックス)で絶賛発売中!