新しい3008は、内装に関しても明確なスタイルを打ち出しています。

1

まず、ドライバー視界の中で極小径ステアリングの上方にメーターパネルが位置する、プジョー独自の「i-コクピット」が、さらなる洗練と進化を遂げました。

具体的にはメーターパネルが12.3インチの液晶モニターに、ダッシュボード上には8インチ・タッチモニターが配され、2画面環境となったのです。

液晶メーターパネルの中央にナビ地図を、左右にボビンメーターで速度とタコメーターを表示させるなど、走る上で必要な視線の移動をより減らしつつ、情報表示の自由度は高まっています。

好みに応じて「リラックス」や「スポーツ」といった表示テーマも設定できますし、タッチモニターの側にはインフォテイメントが集約され、アップル&アンドロイドのスマホと音楽や通信機能と連携可能です。

加えて新たに4種類の芳香を用意するパルファン・フレッシュナーを備えるなど、香りまでパーソナライズできます。

液晶化による物理的なボタン廃止といえば、これまではメーカーのコスト削減の気が強かったのですが、新しい3008はそこもユーザーがメリットに感じられるよう、キチンと磨き上げてきました。

初代3008から受け継いだトグルスイッチに、ピアノの鍵盤を思わせる質感の高いデザインと繊細なタッチを実現したのです。

これはエアコンの温度調整やハザードランプ点灯といった日常的な操作を通じて、指先に軽く確かなストロークが感じられ、クルマに触れることそのものが心地よくなるような、触覚上の工夫といえるでしょう。まさに五感をくすぐるSUVたらんとしているのです。

 

装備面に目を移しても、360度視界&リアビューカメラや、ACC(車速対応クルーズコントロール)に組み合わせられたレーンキープアシストや自動ブレーキなど自動運転支援システムの面でも、新しい3008は最新のCセグメントにふさわしい充実度を誇ります。

またFFのSUVとはいえ、氷雪路や泥、砂といった滑りやすい路面で駆動トルクを制御する「アドバンス・グリップ・コントロール」も備わっています。

いってみれば、新しい3008はいわゆるドライビング・プレジャーだけではなく「ドライビング・エクスペリエンス」として、ドライバーや同乗者が経験できる総合的な刺激や喜び、落ちつきや心地よさの深化を、第一義に掲げています。

クルマとしての世界観をかくも強固にまとめ上げ、実現してきたコンパクトSUVである点に、プジョーの仕事っぷりの熱量を感じることができるでしょう。

正直なところ、概してコンパクトSUVは必ずしもクルマ好きの選択肢ではなく、むしろ視線の高さとか経済面での無難さを求めるような層が集まりやすいことを、プジョーは重々承知しているはずです。

少し前に、現代美術館で知られるポンピドゥ・センターが、美術館に行かない層が多く住む非・文教地区のド真ん中にインスタレーション作品を設営して、ほとんど無理やり美術作品に触れさせるという「ゲリラ的巡回美術館」をやっていましたが、ニュー3008はそういう意味でも、エスプリとかお洒落ゴコロ以前に、フランス的な志の高い一台といえます。

クルマで喜びを得られないことは、是正すべき不幸の一種なのかもしれません。

 

ちなみにパワートレインに関しては敢えて触れませんでしたが、近日中にPSAプジョー・シトロエン・ジャポンから、日本市場での重大発表があります。

少なくとも今、確実にいえることは、日本仕様のニュー3008はアイシンAW製の6速ATを基本とすること。そして、それに組み合わされるエンジンは1.2Lターボのピュアテック130psガソリン仕様を筆頭としつつも、それだけではないということです。

(NANYO Kazuhiro)

コンパクトSUV・プジョー3008はクルマ好きの選択肢になる? ならない?(http://clicccar.com/2016/07/05/382448/)