4日、国宝級ピアニストとして知られるラン・ランの手に出演番組側が高額保険をかけたと報じられ、「中国で最も高価な手」と話題になっている。写真はラン・ラン。

写真拡大

2016年7月4日、国宝級ピアニストとして知られるラン・ラン(郎朗)の手に出演番組側が高額保険をかけたと報じられ、「中国で最も高価な手」と話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

北京五輪開会式での演奏でも知られ、ユンディ・リ(李雲迪)と人気を二分する若手ピアニストのラン・ラン。国営放送・中国中央テレビ(CCTV)のバラエティー番組「加油!向未来」に出演しているが、その宝物のような手を守るため、番組側が300万元(約4600万円)の保険をかけたとして話題だ。

番組では体を高くつり上げられ、クイズに回答できなければ下に落とされるという演出がある。海外公演のため、両手に1億元(約15億円)の保険をかけていると言われるだけに、約500人の番組スタッフの間にも、収録中はピリピリしたムードが広がっている。

その両手を守るため、カバンを持つことさえしないと言われる。しかしマネジメント担当者は行き過ぎた報道内容を否定しており、「スタッフがいる時は自分で持つ必要はないが、プライベートな旅行ではもちろん、荷物は自分で持っている」とコメント。さらにラン・ランは、真っすぐで情熱的な典型的な東北人気質で、ファンから握手を求められても決して断ったりしないという。(翻訳・編集/Mathilda)