リオ五輪代表の背番号発表…中島が10番に復帰! 矢島は9、“アーセナル”浅野は16

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は5日、リオデジャネイロ五輪代表メンバー18人の背番号を発表した。注目されていた10番はMF中島翔哉(FC東京)がつけ、6月29日の南アフリカ戦で10番をつけたMF矢島慎也(岡山)は9番をつける。アーセナルへの移籍が決まったFW浅野拓磨(広島)は16番に決まった。

 また、オーバーエイジのFW興梠慎三(浦和)は13番、DF藤春廣輝(G大阪)は4番、DF塩谷司(広島)は6番をつける。

 五輪本大会でB組に入っている日本は8月5日にナイジェリア、8日にコロンビア、11日にスウェーデンと対戦する。

 以下、五輪代表メンバー背番号

▽GK

1 櫛引政敏(鹿島)

12 中村航輔(柏)

▽DF

4 藤春廣輝(G大阪)OA

6 塩谷司(広島)OA

15 亀川諒史(福岡)

2 室屋成(FC東京)

17 岩波拓也(神戸)

5 植田直通(鹿島)

▽MF

8 大島僚太(川崎F)

3 遠藤航(浦和)

7 原川力(川崎F)

9 矢島慎也(岡山)

10 中島翔哉(FC東京)

18 南野拓実(ザルツブルク)

14 井手口陽介(G大阪)

▽FW

13 興梠慎三(浦和)OA

11 久保裕也(ヤングボーイズ)

16 浅野拓磨(広島)

 以下、バックアップメンバー

GK 22 杉本大地(徳島)

DF 20 中谷進之介(柏)

MF 21 野津田岳人(新潟)

FW 19 鈴木武蔵(新潟)


●リオデジャネイロ五輪特集