梅雨の主婦は名医みたい? 死にゆく食材を救う戦いを描いた漫画がTwitterで話題に / 先生!! ジャムが…ジャムの容態が!

写真拡大

野菜や魚、お肉など、食材の管理が難しくなるこのシーズン。特に、一家の食を担う主婦のみなさんは、いろいろと苦労しているのではないでしょうか?

そんな思いを、救命救急センターを舞台にしたドラマに登場する名医に例えた漫画が、Twitter上で話題になっています。Twitterユーザーからは、「すごいわかるww」や「めちゃくそわかりすぎてつらいww」などの声があがっています。

【梅雨シーズンの主婦は名医みたい?】

こちらの漫画は、Twitterネーム・高橋ザムザ(@zamza825)さんの作品。

名医に扮した主婦が、体力のないもの(腐りやすい食材)を冷凍庫へ入れようとすると、すでにサンマでベッド(冷凍庫)がいっぱい。

そこで、サンマをフライにすることに決めますが、緊急事態が発生します。先生!! ジャムが……ジャムの容態が!

【Twitterユーザーの声】

これについて、Twitterユーザーからは次のような声があがっています。

「すごいわかるww」
「あるある(笑)」
「これwwwww」
「ブラックジャックか赤ひげか」
「表現が素晴らしすぎるー笑!!」
「分かります分かります」
「爆笑したんですけど!ww」
「すげーわかるwww」
「わかる……時間との闘い……」
「ちょwww面白い」
「めちゃくそわかりすぎてつらいww」
「まさに昨日、最後の一コマだった」

確かに、ジャムって、開封したままうっかり忘れてしまいがちかも? この後、瀕死の状態のジャムがどうなったのか、すごく気になりますネ♪

参照元:Twitter ‏@zamza825
Photo:高橋ザムザ, used with permission
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る