強制わいせつ行為の東大生 起訴内容を認め謝罪

ざっくり言うと

  • 強制わいせつと暴行の罪に問われた東大生の初公判が5日、東京地裁であった
  • 被告は起訴内容を認め、「被害者を深く傷つけ、反省している」と謝罪
  • 検察側の冒頭陳述によると、わいせつ目的でサークルを結成したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング