後部座席にはのれんがかかり、スリッパも用意されている

写真拡大

東京都内でタクシー事業を行っている日本交通は、サントリー食品インターナショナルの緑茶飲料「伊右衛門」とコラボレーションした「伊右衛門 おもてなしタクシー」の運行を2016年7月5日から始めた。8月4日まで都内を走る。

都内で8月4日まで3台が稼働

「伊右衛門 おもてなしタクシー」は、ボディをグリーンに塗装したほか、特注の"伊右衛門行灯"を設置。車内には緑色の座席シートカバーとのれんがかけられるなど、涼しさ、爽やかさが感じられる夏にうれしいインテリアになっている。

運行を始めたばかりのタクシーに記者が試乗。のれんをくぐり席に腰を下ろすと「どうぞ!」と冷えた伊右衛門500mlペットボトルを渡される。さらに靴を脱げるようスリッパが用意されていて、通常のタクシーにはない"おもてなし"だ。

この日は曇りで気温も低めだったが「カンカン照りだったらすごく感激するだろうなあ」と思える"至れり尽くせり"。涼しい車内に冷えた伊右衛門、同じくサービスの特製うちわであおぎながらチリチリ音を響かせる風鈴が涼感を呼ぶ。

ちなみに、助手席のヘッドレストには専用のタブレットがあり、走り出すと伊右衛門の世界観を伝えるPR動画が流れる。最後まで見ると、タクシー予約アプリ「全国タクシー」のネット決済で利用できる1500円分のクーポン(先着100名)が現れるので要チェックだ。

伊右衛門バージョンになるのは日本交通のタクシー約3400台のうち3台のみ。かなりレアのため、緑色の車体を見かけるだけで"ラッキー"といえる。

「どうしても乗りたい!」という人はアプリ「全国タクシー」から車種指定で呼ぶこともできる。