5日、韓国メディアは、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意を履行するため、日本政府は韓国の朴槿恵大統領が「日本大使館前にある慰安婦像を移転させる」との意思表示をすることを望んでいると伝えた。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2016年7月5日、韓国・ハンギョレ新聞は、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意を履行するため、日本政府は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が「在韓日本大使館前にある慰安婦像を移転させる」との意思表示をすることを望んでいると伝えた。

ある日本メディアによると、日本政府はこのほど、今月15〜16日に開催されるアジア欧州会合(ASEM)に合わせて日韓首脳会談を行いたいとの考えを韓国側に伝えた。これについて、ハンギョレ新聞は「日本が首脳会談を提案したのは、安倍晋三首相が朴大統領と直接会い、慰安婦像移転に対する明確な意思をもう一度確認するためとみられる」と報じている。

日本では現在、日韓合意により韓国政府が設立する財団に日本政府が拠出することにした10億円が、慰安婦像移転の前提条件であるのかについて、自民党など政権内部で意思統一ができていない状況。一方、韓国政府は7月中に財団を設立するための準備を進めており、設立後は速やかに10億円を拠出するよう日本政府に求めている。日本政府としては政権内部の意思統一と国内の保守世論の理解を得るため、韓国政府が慰安婦像移転のために努力するとの意思を具体的に示すことを望んでいるが、韓国政府はこのような日本の要請に確答しないとみられている。それは、慰安婦像移転に対する韓国内の反発が非常に強く、朴大統領が同問題にうかつに言及すれば、世論の厳しい逆風を受けることが予想されるためだ。

この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「慰安婦像には指一本触れさせない。その代わり、朴大統領を日本に移転させてあげる」
「韓国政府はどれほど多くのことを国民に隠しているのだろうか?」

「朴大統領は日本に弱みを握られているようだ」
「日本が靖国神社を撤去したら、慰安婦像の移転を考えてもいい」

「日本が本当に反省していたら、慰安婦像を撤去しろなどと言えないはず」
「韓国国民も朴大統領の立場が非常に気になっている」

「韓国国民が戦うべき相手は日本政府?韓国政府?」
「昨年の協議で何を合意した?韓国国民をだましているのか?今の政権はすべてにおいて信頼できない」(翻訳・編集/堂本)